どうして冬至には柚子湯とかぼちゃ?。その由来と意味とは

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 冬至、と言うと何を思い出すでしょう?。カボチャ?、柚子湯?。

 なんとなく子供の頃、冬至の日にカボチャを食べると風邪をひかないとか、柚子湯に入ると風邪をひかないとか、そんな話を聞いた覚えはありますが、どうして冬至にカボチャなのか?。そもそも冬至ってなんなのでしょう?。

スポンサードリンク

冬至の意味と由来

 冬至とは、北半球で太陽の位置が1年で最も低くなる日、1年で最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い日です。

 中国の戦国時代、太陰暦による季節のズレを正し、季節を春夏秋冬の4等区分にするために考案された区分手法の1つである二十四節気。その第22が冬至にあたります。

 日本では江戸時代の暦から採用されました。
 

一陽来復

 1年で最も昼の時間が短いと言うことは、翌日から昼の時間が長くなると言うことです。中国や日本では、この日を堺に陰から陽に転換する一陽来復として、冬至を境に運が向上してくると考えられています。

冬至の食べ物、ん

 冬至の日には昔から特定の食べ物を食べる風習があります。
 

運盛り

 冬至の日には「ん」の付く食べ物を食べて、運気を上げる「運盛り」と言うのがあります。

 「いろはにほへと」の最後が「ん」であることから、一陽来復の願いを込めて、冬至の日に「ん」のつく食べ物を食べるのです。
 

冬至の7種

 「ん」がつく食べ物の中でも「ん」が2つつく、にんじん、れんこん、きんかん、ぎんなん、かんてん、なんきん、うんどん(うどん)の7つを「冬至の7種(ななくさ)」と呼び、運が倍増するとされます。

冬至にかぼちゃ、の由来

 冬至に「ん」のつくものを食べる事がわかりました。しかし、冬至と言えば、なんと言っても有名なのは「かぼちゃ」です。何故「ん」のつかないかぼちゃなのか、その由来はと言うと、上述した冬至の7種です。実は、「なんきん」と言うのが、かぼちゃの別名なのです。

 かぼちゃは本来夏から秋にかけての野菜ですが、長期保存できるため、冬場の貴重な緑黄色野菜として定着したのでしょう。このため、かぼちゃを冬瓜と呼ぶこともあります。

スポンサードリンク

 「かぼちゃを食べると風邪をひかない」、と言うのも全く根拠のない迷信ではありません。かぼちゃはβカロテンを豊富に含み、その他各種ビタミンやミネラルも摂取できる、風邪の予防にはもってこいの野菜です。勿論冬至の日にだけ食べれば風邪を予防できると言う物では無く、普段から食べていなければなりません。

冬至粥

 「ん」のつく物以外にも、冬至に食べる風習のある物があります。

 冬至の日の朝に食べる小豆粥がそれで、冬至粥と言います。これも中国に起源を持ち、日本では南北朝時代に記録が残っています。

 小豆粥には疫病にかからないという伝承があるのだそうです。今年の冬至は、小豆粥を作ってみてはいかがでしょう?。作り方は下の動画を参考にして下さい。

柚子湯

 冬至のもう一つの習慣が柚子湯です。日本でこの週間が始まったのは江戸時代で、江戸の銭湯からだと言われています。
 

由来

 柚子湯の由来については諸説あります。

 湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけであると言う説。

 そして、冬至の日に運気を呼び込む前に禊ぎをするという意味がある、との説です。
 

入り方

 柚を丸ごと湯船に浮かべる、また柚を半分に切ったり輪切りにして湯船に浮かべる場合もあります。

 後者の方がよりゆずの成分が湯に染み出し、香りもより楽しめますが、肌の弱い人には刺激が強すぎることがあります。また、柚の実が次第に崩れ、後の掃除が大変だったりします。

 そこで、カットした柚をガーゼで包むか、洗濯ネットに入れて湯船に入れます。また、事前に柚を湯で20~30分蒸らしておくと刺激が弱まります。
 

効能

 皮の芳香油が湯冷めを防ぎ、血行を促進。風邪の予防効果は勿論、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげる効果がある事が判っています。

 只のお湯と比べて柚子湯に入浴した後はノルアドレナリンの数値に4倍の差が出たという検査結果もあります。

 かぼちゃもそうですが、昔の人は柚子湯に風邪の予防効果があることを経験的に知っていたのかも知れません。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA