尿の色が濃い、茶色や赤になる原因は疲れ?、肝臓?、妊娠?

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

 尿は体内の老廃物を体外へ排出するため、腎臓が血液を濾過することで作られます。

 その尿、なんだかいつもと色が違う、と思った事はありませんか?。尿の色は、健康な時は薄い黄色です。これが濃い茶色や、赤くなっていたり。

 一時的なら問題ありませんが、その状態が継続するようなら、体に何らかの異変が起きている可能性があります。

 尿が濃くなる、色が変わる理由を原因別、色別にまとめました。

スポンサードリンク

尿の色が濃くなる理由、原因別

 尿の色が濃くなるには、いくつかの原因があります。
 

脱水

 脱水状態になると、尿の水分が減って色が濃くなります。一時的な物で、水分の補給で元に戻ります。
 

妊娠

 妊娠すると尿が濃くなる、と言われますが、実は尿の色と妊娠に直接的な関係はありません。殆どの場合脱水が原因です。
 

激しい運動

 激しい運動をすると、筋肉組織が破壊されて中の色素が尿に出る事があります。この場合、尿の色は茶色になります。

 一時的な物で、休息を取る事で元に戻ります。
 

 服用する薬によっては、下剤で尿が黄褐色から赤色に、糖尿病薬で黄褐色から赤色に、止血剤で茶色から黄褐色に変化する場合があります。

 通常尿の色が変化する薬が処方される時は、薬剤師から説明があります。特に害はありません。
 

サプリメント

 どんなサプリメントでも色が変わるわけではありません。尿の色を変えるのはビタミンB2で、ビタミンB2を含むサプリメントやドリンク剤を摂取すると尿の色が濃い黄色になります。

 この場合、特に害はありません。
 

肝臓

 肝機能が低下しても尿の色は濃くなります。

 もしお酒や甘い物、脂っこい物が好き、健康診断で肝機能の数値が悪い人が、朝起きて最初の尿の色がウーロン茶のようであったら、それが毎朝続いたら肝機能障害の可能性があります。

スポンサードリンク

 

溶血性貧血

 溶血性貧血とは、赤血球の寿命が短くなったことで起きる貧血です。原因は様々で、かなり希な病気ですが、この病気になると尿が茶褐色になります。

 疲れやすい、立ちくらみがする、顔色が悪い人で、尿が茶褐色だったら溶血性貧血かもしれません。一度内科を受診しましょう。

尿の色が濃くなる理由、色別

 尿の色は単に濃くなるだけでなく、様々な色に変化します。こちらでは色別に分類します。
 

乳白色

 膀胱炎や尿道炎など尿路感染症になると、尿が乳白色になります。泌尿器科を受診して下さい。
 

濃い黄色、オレンジ

 脱水症状や、ビタミンB2を含むサプリメントなどを摂取した時、尿の色が濃い黄色やオレンジ色になります。一時的な物であれば問題ありません。
 

 赤色から赤褐色の尿が出るのは、下剤などの薬や、赤い色素を含んだ飲食物の影響の場合と尿に血が混ざる場合があります。

 薬や飲食物なら問題ありませんが、血尿の場合は腎臓か尿路(尿路結石等)の病気の可能性があります。内科か泌尿器科を受診して下さい。
 

茶色

 激しい運動をした場合、尿に血が混ざっている場合、肝臓の機能が低下している場合、ウーロン茶のような茶色になります。

 運動の結果なら問題ありません、休息する事で元に戻ります。しかし、もし白目の部分が黄色くなっていたら、それは黄疸。内蔵機能に障害が出ている可能性がありますので、すぐに内科を受診して下さい。
 

無色透明

 尿が濃くなるのとは逆に、無色透明になることがあります。一見問題ないように見えますが、実は糖尿病の可能性があります。

 糖尿病になると血液中のブドウ糖の量が増え、これを薄めるため体は水分を欲しがるようになります。糖尿病になると、喉が渇く理由がこれです。そのため大量の水分を摂取すするようになり、結果薄まった無色透明の尿が出るようになります。

 もし、1週間程度無色透明の尿が続く、喉が渇きやすい、と言った症状があったら、一度医療機関を受診しましょう。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>