ノロウィルスの感染経路と流行時期、症状と治療。新型とは?

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

 ノロウィルスは、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスで、食中毒の原因になります。

 日本でも、毎年集団感染する例が多数報告され、ニュースなどでも度々取り上げられていますので、その名を聞いた事が無い人はいないでしょう。

 何故これほど話題になっているのに、毎年集団感染を繰り返すのでしょう?。

スポンサードリンク

ノロウィルスの流行時期

 ノロウィルスが最も流行する時期は、厚生労働省のサイトによると、例年11月から増加し始め、12月から翌年1月がピークになります。

 食中毒の原因となるのに、何故冬に多く発生するのでしょうか?。それは感染経路と関係します。

ノロウィルスの感染経路

 ノロウィルスの感染経路は主に2つ。飲食物からの感染と、人から人への感染です。
 

飲食物からの感染

 ノロウィルスに汚染された水や飲食物からの感染で、特にカキやアサリなど二枚貝からの感染が多いと言われます。冬場に感染が多いのも、牡蠣を生食する機会が多いのが1因とされます。ただ、近年はカキが感染源となるケースは年々減少しています。
 

人から人への感染

 感染者の糞便や吐瀉物から便器や手指を介して、または飛散した飛沫から空気感染。そして、感染者が十分に手を洗わず調理した食品を食べる事で感染します。

ノロウィルスの潜伏期間

 ノロウィルスの潜伏期間は、感染してから24~48時間です。

ノロウィルスの症状

 嘔吐・下痢・発熱が3大症状です。嘔吐がはじまる数時間前から、胃に膨満感やもたれを感じる事もあります。

 これらの症状は、通常1~2日で治癒し、後遺症が残る事はありません。しかし、免疫力が低下している人が感染した場合長引く事があり、死亡例も報告されています。

 ただ、感染しても症状が出ないケースや、風邪と同じような症状になる場合もあります。

ノロウィルスの治療

 ノロウィルスには、有効な抗ウイルス薬は存在しません。治療は対処療法のみとなります。

 下痢や嘔吐で水分が失われる事による脱水を防ぐために、水分の補給は欠かせません。人肌に温めた経口補水液かスポーツドリンクがお勧めです。電解質を含まない只の水は吸収が遅く、お茶には利尿作用があるため、ともに推奨されません。

 また下痢止めはウィルスの排出を妨げるとして、こちらも推奨されません。

スポンサードリンク

ノロウィルスの予防

 ノロウィルスには、有効なワクチンが開発されていません。また、ノロウィルスに対する免疫は、感染者でも1~2年で失われると言われています。

 そのため、感染予防には食品の十分な加熱と徹底的な衛生管理、消毒が必要です。しかし、ノロウィルスは逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)や消毒用エタノールに抵抗性が強く、不活化されません。また、感染性を失わせるためには60℃30分の加熱で不十分で、85℃1分以上が必要です。

 しかし、手洗いで物理的に洗い流す事で予防効果があります。まず石鹸で洗い、その後で消毒を行いましょう。洗浄と消毒の順番が逆になると、効果が弱くなります。正しい手の洗い方は、下の動画を参考にして下さい。

ノロウィルスの消毒

 ノロウィルスの消毒には次亜塩素酸ナトリウムの0.1%水溶液が推奨されています。様々な消毒用の商品が市販されていますので、家庭に常備して、流行前からしっかり消毒を行いましょう。

 その他、アルカリ電解水も有効です。

 これらの消毒用アイテムで、普段良く触れる場所、ドアノブや持ち手、子供の玩具。そして調理器具などを消毒してください。

ノロウィルスの新型

 ノロウイルスには、ヒトに感染する遺伝子の型が31種類あり、これまで国内でも海外でも「G2/4」という型が主流でしたが、2015年2月以降は全て「G2/17」と言う型に変わっています。

 このG2/17、ヒトへの感染のしやすさに関わる部分が変異し、ヒトが免疫を持っていない新たなウイルスになっており、感染力が高くなっている事から、今後大流行する恐れがあります。しっかりと予防策を実施しましょう。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>