節電にもなる部屋の防寒対策、窓、床、玄関

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 冬になると、暖房しているのに、どうも温かくならない。どこからともなく冷気が流れ込んでくる。

 放っておくと暖房にかかる費用がかさむ一方です。早めに対策したい所ですが、どこから手をつければ良いのか?。

 実は、対策する場所は大体決まっていて、しかも低コストでも可能です。予算に合わせて選びましょう。

スポンサードリンク

部屋の防寒対策、窓

 寒さの原因は、外の冷気が入ってくるからであり、室内の熱が逃げるから。つまり、熱の移動が起きるからです。それが最も発生しやすいのが窓で、5割から最大7割に達すると言われます。

 部屋の防寒対策で、窓は最も効果を上げる場所ですから、是非対策しましょう。
 

二重ガラス

 予算に余裕があるなら、窓を二重ガラスにしましょう。高い断熱性で結露も防止、防音効果や、夏場も冷房効果が高まるなどメリット大きく、北海道などの寒冷地では普及しています。
 

サッシ

 こちらも予算に余裕がある場合ですが、サッシを樹脂製の物に交換します。

 通常サッシはアルミ製で熱の伝導率が高く、外の冷気を通しやすい(室内の熱を逃がしやすい)ので、ガラスだけ対策しても、ここから冷気が侵入します。これを解決するため、伝導率の低い樹脂製のサッシに変えるのです。

 もうひとつ、プラスチックサッシの窓を後づけて取り付けて、2重サッシにする方法もあります。こちらの方が取り替えより低コストですし、取り付けも自分で行えます。

 

ウィンドウラジエーター

 ウィンドウラジエーターは、窓の下に設置するヒーターです。一番冷気の侵入しやすい窓の直下に設置すれば、温風によって防ぎ、窓の結露防止にも有効。伸縮タイプがオススメです。

 

カーテン

 袖が長くて床に付く、そして厚手のカーテンに変えましょう。比較的低コストで熱の移動対策になります。

 冷気は下から侵入するので、袖が長い事がポイントです。

スポンサードリンク

 

遮熱シート

 窓ガラスに貼って断熱性を高めるシートが販売されています。これを貼る事で、熱の移動を大幅に低減できますし、カーテンより低コストです。

 遮熱シートを楽天市場で
 

プチプチ

 遮熱シートも十分低コストですが、さらに安いのがプチプチ。これを窓ガラスはる事で断熱性が高まります。ただし、見た目はあまり良くありません。
 

省エネスプレー

 窓に吹き付ける事で断熱効果を発揮するスプレーがあります。遮熱シートやプチプチの見た目が気になる方は、スプレーで。効果は約1ヶ月続きます。

 

サッシの隙間

 サッシに隙間があると、そこから冷たい空気が入り込みます。モヘヤシールなどを使って隙間を埋めましょう。

部屋の防寒対策、床

 部屋の防寒対策、もう一つは床です。やはり足下が冷えるのは辛いですし、逆に足下が温かいと、それだけで気分が変わります。

 畳だとまだマシですが、フローリングですと冷気が直接足に伝わります。カーペットを敷いても、それだけでは不十分。
 

銀マット

 キャンプの時、テントに敷く断熱効果がある銀マットを床に敷くと冷気を遮断できます。
 

ジョイントマット

 ジョイントマットも断熱防音効果に優れています。銀マットと併用すれば更に効果的です。
 

ダンボール

 もっと安上がりに済ませたいなら、カーペットの下にダンボールを敷くだけでもかなり違います。

部屋の防寒対策、玄関

 アパートやワンルームマンションで玄関が金属製の扉だと、冷気がまともに侵入します。多少見た目が気になりますが、扉全体に遮熱シートを貼り付けましょう。
 最後に
 一番冷気が入り込むのは窓。予算に余裕があれば、サッシの交換や後付けで2重化するのがお勧め。しかし、遮熱シートとカーテンの併用でも十分効果があります。

 後はモヘヤシールなどを使ってサッシの隙間を埋めれば完璧です。

 と言う事で、安上がりに済ませたいなら遮熱シートとカーテン、床はカーペットの下にダンボール、です。

関連記事
エアコンの暖房が暖まらない、雪の日に止まる原因と対策
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA