人食いバクテリアとは?。原因や症状、感染源や予防方法は?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 ”人食いバクテリア”という名を聞いたことがあるでしょうか?。なんだかSF映画で人類を滅亡の危機に追いやりそうな名前ですが、実在します。

 しかも、その感染者数は年々増える傾向にあるのです。

 人食いバクテリアとは一体何なのか?、原因は?、症状は?、感染源は?。そして予防するためにはどうすれば良いのか?、うつるのか?、をまとめました。

スポンサードリンク

人食いバクテリアとは

 人食いバクテリアとは、そう言う名前のバクテリアが存在するわけではなく、化膿レンサ球菌(別名A群レンサ球菌)、ビブリオ・バルニフィカス、エロモナス・ハイドロフィア等の総称です。

 その症状が、あたかもバクテリアに食べられたかのうような印象を与えるため、人食いバクテリアの呼び名が付きました。

 中でも最も有名なのが化膿レンサ球菌(A群レンサ球菌)で、この感染症を「溶連菌感染症」と呼び、最も重症な病型を「劇症型溶連菌感染症」と呼びます。

 今、この劇症型溶連菌感染症が増えているのです。

人食いバクテリアの症状

 初期症状は手足の腫れや、激しい喉の痛みなど。その後、強い痛みとともに赤く熱を持ち、水ぶくれができて皮膚が黒く壊死する事があります。壊死が出るのは圧倒的に手足が多く、壊死が起こるまで1~2日と、急激に症状が進行するのも特徴です。

 更に、発熱、血尿、意識障害、血圧低下、敗血症、壊死性筋膜炎、多臓器不全等、様々な症状が出て、致死率は30%とも言われます。

 健康な人の場合、感染しても下痢や軽い腹痛、または全く症状が出ないことも珍しくありません。しかし、糖尿病や肝硬変等で免疫力が低下している場合、インフルエンザに感染している場合に劇症化しやすいと言われます。

 しかし、溶連菌感染症は健康な人でも劇症化することがあり、そのメカニズムはまだ解明されていません。

人食いバクテリアの原因

 人食いバクテリアの原因は、上述したとおり化膿レンサ球菌(別名A群レンサ球菌)、ビブリオ・バルニフィカス、アエロモナス菌等に感染することです。
 

化膿レンサ球菌

 化膿レンサ球菌は特別な菌ではありません。普段皮膚の常在菌として、人間の皮膚に住み着いています。気がつかないうちに感染し、そして自然に治っていたと言う事も少なくありません。
 

ビブリオ・バルニフィカス

 沿岸近くの海水や海泥、そこに生息する魚介類に広く分布しています。海水温が20℃を上回ると急激に増殖、15℃以下で保存すると菌数は1日で急激に減少します。また、熱に弱く、加熱調理すれば問題ありません。
 

エロモナス・ハイドロフィア

 鑑賞魚の体に穴をあける事でも知られるエロモナス属菌の一種です。淡水系の常在菌であり、河川水や湖、汚水中などの自然環境に広範囲で分布しています。

 下痢症の原因菌として広く承認されており、食中毒菌に指定されています。

スポンサードリンク

人食いバクテリアの感染源

 人食いバクテリアの感染源は?、どのような感染経路があるのでしょう?。
 

 化膿レンサ球菌の場合、皮膚に出来た傷から感染するケースが多いと言われます。また、皮膚表面の傷だけでなく、青あざや捻挫など、傷のない外傷でも発症することが報告されています。
 

魚貝類

 ビブリオ・バルニフィカスに汚染された魚貝類を生食することで感染します。
 

 エロモナス・ハイドロフィアの汚染された水を飲む、または傷口に触れることでも感染します。

人食いバクテリアはうつる?

 人食いバクテリアは流行する病気ではなく、人から人へうつることは無いと言われています。

人食いバクテリアの予防

 ビブリオ・バルニフィカスやエロモナス・ハイドロフィアの場合、免疫力の低下した人が魚介類の生食や、生水を飲むことで感染・発症しますので、魚介類の生食と生水の摂取を控える事で予防できます。

 また、皮膚に傷がある状態で河や海に入らないことも大切です。

 化膿レンサ球菌の場合、劇症化のメカニズムがよく判っていないため、とにかく傷が出来たらすぐ消毒する。手足の腫れや、激しい喉の痛みなどの初期症状が出たら、すぐ医療機関を受診する事しかありません。

 共通して言えることは、免疫力の低下している人が劇症化しやすい傾向があり

・糖尿病、肝硬変、慢性腎臓病、がん等の免疫力が低下する病気がある
・免疫抑制薬を服薬している
・アルコールの摂取量が多い
・インフルエンザ、水ぼうそう等のウイルス感染症にかかっている
・妊娠中、あるいは出産直後

 には注意が必要です。もし人食いバクテリアの初期症状が出て医療機関を受診した時、免疫力が低下する要因があったら必ず申告して下さい。

 まとめ

人食いバクテリアは幾つかの菌の総称
いずれも常在菌で、レンサ球菌は人の皮膚にも存在する
健康な人が感染しても、通常軽い症状で済むか、発症しない事もある
免疫力の低下した人が感染すると劇症化する事があり、最悪数十時間で死に至る
健康な人でも劇症化する事があり、劇症化のメカニズムは完全に解明されていない
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>