熱中症の症状と原因、対処と予防

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 熱中症とは、長時間高温多湿な環境にさらされる事で、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなった状態を言います。日射病とは違って、屋内でも発症するので注意が必要です。

スポンサードリンク

熱中症の症状

 熱中症は対処が遅れると命に関わる危険な症状です。どんな症状が出るかを予め知る事で、素早く対処し、重症化を防ぎましょう。
 

めまい

 めまいや立ちくらみ、そして顔がほてる、一時的に意識が遠のく場合もあります。
 

筋肉がつる

 発汗によって、筋肉を伸縮させるために必要なミネラルが排出されて不足すること。脱水によって血液の粘度が上がる事で筋肉がつりやすくなります。
 

汗が止まらない

 いくら拭いても汗が止まらなかったら危険信号。そのままだと脱水症状を起こします。
 

尿が濃い

 体内の水分が不足する事で、尿の色が濃くなります。
 

吐き気

 吐き気だけでなく、体がだるくなり、嘔吐することもあります。
 

頭痛

 体温が上昇、血管が拡張して血流が増えることで起きます。この頭痛は頭痛薬では治りません。
それどころか、低血圧や痙攣などを起こす恐れがあります。
 

痙攣

 大量の発汗で塩分やミネラルが失われたところに水分だけを補給すると、電解質の不足から筋肉が痙攣を起こします。
 

高体温

 皮膚を触ると異常に熱く、乾いている等の症状が出ます。
 

寒気

 熱中症で寒気を感じる事があります。これは、脳機能に障害が出ているためで、危険な状態です。
 

意識障害

 これも脳機能の障害で、重症化したときに出る症状です。

スポンサードリンク

熱中症の原因

 熱中症の原因は大きく分けて、高温、多湿、温度変化の3つです。

高温: 熱中症の原因は、まずなんと言っても高温です。人間の身体には、本来体温調節機能が備わっており、体温が上がれば末梢の血管を拡張させ、汗をかくことで体温を下げます。

 しかし、この機能にも限界があります。あまりにも気温が上がりすぎたり、長時間気温の高い環境にさらされると熱を体外に放出しきれなくなって体温が上昇。また、急激に大量の汗をかく事で、体内の水分と塩分が失われ、体液のバランスが崩れ、けいれんやめまい、失神、頭痛等の症状が現れます。

 
湿度: もう一つが湿度。湿度が高いと汗が蒸発しなくなり、熱の放出が出来なくなることで体温を下げられなくなり、熱中症を発症します。
 
温度変化: そして、涼しい場所から急に暑い場所に移動して活動した時。急激な温度変化に身体が対応できずに発症するパターンもあります。
 ただし、同じ条件でも、その時の体調によって発症しない事がありますし、当然個人差もあります。

熱中症の対処

 熱中症になった時の対処は、その重症度によって変わります。

 Ⅰ度(軽症)
 めまい、筋肉がつる、汗が止まらない、尿が濃くなる等の症状が出たら、水分と塩分を補給して涼しい日陰で休んで下さい。

 Ⅱ度(中等症)
 頭痛、吐き気、嘔吐、だるさを感じたら、水分と塩分を補給し、涼しい日陰で足を高くして休んで必ず病院を受診して下さい。

 Ⅲ度(重症)
 意識障害、痙攣、寒気、高体温の症状が出たら直ちに救急車を呼び、救急車の到着までは水分と塩分を補給、首筋や脇の下、太ももの付け根を冷やして下さい。

 注意
 おう吐の症状が出ていたり意識がない場合、無理に水を飲ませてはいけません。水分が気道に入り、窒息する危険性があります。

熱中症関連記事
ペットボトル症候群とは、症状と対策
熱中症の予防対策

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア