花粉症の症状と治療

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 自分も春になると鼻水や目のかゆみに悩まされ、点鼻薬と目薬が手放せなくなりますが、花粉症(枯草熱「こそうねつ」と言う呼び方もあるそうです)はI型アレルギーに分類される疾患の一つで、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされる、くしゃみや鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群です。
 花粉症の患者は国内に2000万人以上とも言われ、いまや国民病となっており、春先には花粉の飛散状態を知らせる”花粉注意報”がすっかり定着しました。

スポンサードリンク

 花粉症を引き起こす植物は60種以上が報告されていますが、報告されていないものも含めればさらに多いと言われます。
 最も代表的なのは、春先に大量に飛散するスギの花粉ですが、他にもヒノキ科、ブタクサ、マツ、イネ科、ヨモギ等の植物の花粉によるアレルギーを持つ人も多数います。また、スギ花粉症患者の7~8割程度はヒノキ花粉にも反応する事が判っています。詳しくは花粉症の時期、花粉の種類で。

 

花粉症の症状

 症状は、4大症状と呼ばれる「くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ」の他に、集中力の低下、頭痛などがあります。

 風邪やインフルエンザと似ていますが、発熱しない(しても微熱)、喉の痛みが少ないと言った違いがあります。また鼻水も水のようにサラサラしており、粘性が高く黄色や緑の色のついた風邪のそれとは異なります。風邪やインフルエンザには目のかゆみがない、と言う点も鑑別点となるでしょう。

 花粉症は他のアレルギーと同様特効薬がありません。それでも、幾つかの治療法がありますので、まとめてみました。

 

花粉症の手術

 レーザー光線で、アレルギー反応の起きる鼻の粘膜を焼きます。こうする事で、焼かれた粘膜は花粉(抗原)が入ってきてもアレルギー反応を起こさず、鼻水、鼻づまりなどの症状を止める事が出来ます。

スポンサードリンク

 ただし、この方法はあくまで鼻の粘膜におけるアレルギー反応を起こさせないだけで、アレルギー自体が治癒する物ではありません。
 費用は、1996年4月から健康保険が適応になったため、両鼻で1万円程度。効果は70~80%と言われています。

 

花粉症の減感作療法(免疫療法)

 最近注目されているのが減感作療法、または免疫療法。原因になっている抗原を少しずつ体内に入れる事で、原因抗原に慣らしてアレルギー反応をおこしにくい体質にしていくものです。薬は少量から投与し始め、一定量まで徐々に増やす。週に1~2回から始まり、やがて2週間毎、1ヵ月毎へと移行していきます。これには皮下と舌下があります。

 ・皮下免疫療法
 注射器で皮下に抗原を注射します。注射は医療機関で行います。

 ・舌下免疫療法
 舌の下に抗原を投与、体内に吸収させます。初回は医療機関で行いますが、以後は自宅でも行えます。

 どちらの方法も、受けられる医療施設が限られています。また、個人差もありますが、効果が現れるまでには数ヶ月から数年を要します。効果は完治が1割、症状が半分程度になったのが5割、症状が軽くなったのが2割、殆ど変化なしが2割となっています。
 減感作療法は、一度の治療で一つの抗原にしか対応出来ません。そのため、複数のアレルギーを持つ人は、他のアレルギー症状が出るために効果を実感しにくくなります。事前に自分がどのアレルギーなのかをしっかり調べておきましょう。

花粉症関連記事
花粉症の時期、花粉の種類
花粉症対策の食べ物
妊婦が花粉症で知っておくべき事
赤ちゃんの花粉症、予防と対策
花粉症の薬はいつから飲む?、副作用は?

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA