体からアンモニア臭が漂う疲労臭、原因と対策

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

 毎日お風呂に入っているし、デオドラント製品も使っているのになんだか臭い、アンモニア臭がする。それは只の体臭ではなく、疲労臭かもしれません。

 この疲労臭、最近は女性の間にも広がっているそうです。自分は大丈夫、と思っている貴方、人間は他人の臭いには敏感ですが自分の臭いには鈍感な物です。

 もし貴方がお酒が大好きなら、甘い物や脂っこい物を頻繁に食べているなら。また、最近便秘が酷かったり、疲れを感じているなら、自分でも気づいていないうちに、貴方の体からも疲労臭が漂っているかもしれません。

 と言う事で、疲労臭についてまとめました。

スポンサードリンク

疲労臭の原因

 疲労臭の原因物質はアンモニアです。通常汗に含まれるアンモニアはごく微量ですが、何らかの原因で、体内でアンモニアを処理しきれなくなると、汗に含まれるアンモニアの量が増え、揮発することで臭いを発します。

 臭いの原因が体内から出ているため、お風呂に入ってもデオドラント製品を使っても臭いを消せないのです。

 では、なぜ体内のアンモニアが処理しきれなくなるのでしょうか?。
 

肝臓

 通常体内のアンモニアは肝臓で処理され、尿素になって排泄されます。しかし、アンモニアの量が処理できる限界を超えてしまったり、肝臓の機能そのものが低下すると、処理しきれなくなったアンモニアが血液中に残り、疲労臭の元となります。

 では、アンモニアの量が増えたり、肝機能が低下する理由は何かというと

 ・激しい運動
 ・過度な飲酒
 ・タンパク質の取り過ぎ
 ・糖分の取り過ぎ
 ・脂質の取り過ぎ

 などです。アルコールは勿論そうですが、糖分や脂質も肝臓で処理されるため、甘い物や脂っこい物を毎日大量に食べていると肝臓に負担がかかるのです。

 また、たんぱく質をとりすぎると、余分なタンパク質が最終的にアンモニアに分解されるため、肉類などを食べ過ぎると体内のアンモニアが増えます。

 そして、アンモニアはそれ自体が疲労物質であるため、体内のアンモニアが増加することで、だるさや疲労感が増します。これが疲労臭と言われる所以です。
 

悪玉菌

 もう一つが腸内の悪玉菌。人間の腸内には様々な細菌が存在しますが、この中の悪玉菌がたんぱく質を分解してアンモニアを作り出します。そのため、腸内に悪玉菌が増えるとアンモニアも増えるのです。

 腸内に悪玉菌が増える理由は

 ・肉食中心の偏った食生活
 ・ストレス
 ・加齢

 です。

 つまり、疲労臭の原因は肝機能の低下や腸内環境の悪化によるアンモニアの増加であり、その原因の殆どは食生活の乱れにあると言えます。

疲労臭の対策

 疲労臭の対策は、肝機能を回復・向上させることと、腸内環境を改善して悪玉菌を減らすことです。
 

食生活

 原因が食生活の乱れですから、その乱れを正すことから始めます。

 基本はアルコール、糖分、脂質を控える事。そして、肉食中心の偏った食生活を改める事です。

 そして、肝臓や善玉菌によい物を食べましょう。
 

たんぱく質

 タンパク質の取り過ぎはいけませんが、かといって不足してもいけません。肝臓の修復にもタンパク質が必要なのです。

 と言って肉類は腸内環境を悪化させますので、肉類以外で良質なタンパク質をとります。おすすめは大豆製品と乳製品。ヨーグルトは善玉菌を増やす効果もあり、一石二鳥です。

スポンサードリンク

 

タウリン

 ドリンク剤の成分としても知られるタウリンには、肝臓に溜まった中性脂肪やコレステロールを排出する働きや、弱った肝臓を再生し、その解毒作用を高める働きがあります。

 イカ、タコ、ホタテ、アサリ、カキ、カニ、そして鯖や鰯の血合いに多く含まれます。
 

クルクミン

 クルクミンはウコンにしか含まれないポリフェノールで、肝臓の様々な機能を強化する働きがあります。
 また、胆汁の分泌を活発にすることで、脂質の分解力を高める作用もあります。

 とは言ってもウコンを丸かじりする人もいないと思いますし、カレーなどに含まれる量も微々たる物なので、摂取するにはサプリメントがいいでしょう。


 

スルフォラファン

 スルフォラファンは肝臓の解毒作用をサポート、年と共に弱った肝臓を強化する働きがあります。

 ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、カリフラワー、芽キャベツ、ケール、キャベツ等に含まれます。
 

オルニチン

 オルニチンは肝臓の解毒作用をサポート、肝臓が本来持っている機能を回復させる働きがあります。

 オルニチンはシジミ、マグロ、ヒラメ、チーズに多く含まれます。

 また、オルニチンはアルギニンが体内で分解されることでも生成されます。アルギニンを多く含む食品は鶏肉、マグロ、海老、大豆製品です。
 

セサミン

 セサミンは肝臓の働きを高め、アルコール代謝にかかわる酵素の働きも活性化して、肝臓への負担を軽減する働きがあります。

 セサミンは胡麻に含まれるポリフェノールですが、含有量が少ないため、必要量のセサミンを摂取するためには大量の胡麻を食べなければなりません。ここは素直にサプリメントに頼りましょう。


 

葉酸

 葉酸には細胞の再生を活性化させる働きがあり、勿論ダメージを受けた肝臓の修復にも欠かせません。

 葉酸はレバー、ほうれん草、枝豆、モロヘイヤ、アスパラガス等に多く含まれます。
 

食物繊維

 食物繊維は腸内で善玉菌を増やし、便秘を改善することで腸内環境を改善する働きがあります。

 その食物繊維、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は便の量を増やすことで排便を促し便秘を解消、水溶性食物繊維は腸内で善玉菌の餌になって腸内環境を改善します。

 不溶性食物繊維は野菜類に、水溶性食物繊維は果物や海藻類に多く含まれます。
 

クエン酸

 クエン酸は疲労物質の乳酸を分解、排出する働きがあります。また、糖質や脂質をエネルギーに変換。血流を改善して新陳代謝を活発にし、疲労回復に効果があります。
 

インナー

 しかし、社会人のばあいは酒席などの付き合いもあり、食生活の改善を実行できないことも多いでしょう。そんな時は、一時凌ぎですがアンモニア臭を99%カットする消臭インナーで対策します。

 

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>