食後に強い眠気に襲われる原因は?、病気?、対策は?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 食事の後急激な眠気に襲われる、と言う人は多いのではないでしょうか?。

 どうして食事の後はあんなに眠くなるのでしょう?。私も経験がありますが、一番困るのは、昼食の後の会議等、眠くて集中できない時です。

 しかし、食べると眠くなるからと言って、食べなければ、今度は空腹で集中力が低下します。一体どうすればいいのでしょう?。

スポンサードリンク

食後の眠気の原因

 食後に眠くなる原因は、全て血液に関係します。場合によっては、病気が原因となることもあります。
 

血糖値

 食事をすると、食べた物は胃腸で消化吸収され、その結果血糖値が上がります。血糖値が上がると膵臓がインスリンというホルモンを分泌し、血液中の糖分をエネルギーにするため細胞に取り込みます。

 こうして人間は活動するためのエネルギーを得るのですが、血糖値が急激に上昇すると、インスリンも過剰に分泌されて血糖値が下がりすぎてしまいます。これによって低血糖状態となり、脳に必要な糖分が不足して眠気に襲われるのです。

 これは反応性低血糖と呼ばれる症状で、糖分の過剰摂取によって起きると言われています。
 

血流低下

 食事後、消化のために血液が消化器官付近に集中します。その結果、脳の血流が低下し、眠気を引き起こします。

 食べ過ぎたり、油分の多い食事、消化に悪い物を食べて消化器官の負担が大きくなると、その分消化器官付近に血液が集中します。
 

貧血

 貧血があると、食後の脳への血流低下が起こりやすくなります。
 

糖尿病

 食事をして2~3時間後に我慢できない強い眠気を感じる場合、糖尿病である可能性があります。

 糖尿病は血糖値の調整機能が低下しているため、血糖値が乱高下します。この急激な血糖値の変化を、体は危険と判断して休ませようとするため、眠気に襲われるのです。

食後の眠気の対策

 食後の眠気を抑えるには、食べ過ぎないことや血糖値のコントロールが必要です。
 

食べ物

 血糖値の上がりやすい食べ物を控えるのが第一。代表的なのは白米(餅、ビーフン)、小麦粉(パン、うどん、パスタ、ラーメン)、ジャガイモ等の、要するに炭水化物。そして果物と砂糖です。

スポンサードリンク

 ラーメン屋で、ランチタイムに半ライスがサービスで付く店がありますが、これは血糖値的には最悪の組み合わせです。カレーライスやコロッケ定食も白米とジャガイモですから、危険な組み合わせと言えます。勿論、食後に甘いお菓子や飲料は更に危険です。

 と言って、これらを全て止めるというのは現実的ではありません。そこで、なるべく量を減らした上で、必ず食物繊維を一緒に摂りましょう。つまり野菜類(穀物類は入りません、念のため)、そして海草類です。食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

 白米を玄米や雑穀類に変えるのも効果的です。

 もう一つ、消化器官への負担を減らすため、脂っこい物も控えましょう。

 また、低糖食品を専門に扱う店もあるので、そちらを利用するのも手です。
 

食べる順番

 食べる際の順番も大切です。まず最初に、食物繊維を含む食品を食べます。ベジタブル・ファーストと言う言葉を聞いたことがないでしょうか?。最初に野菜から食べるのです。

 これによって、食物繊維が血糖値の上昇を抑える効果が高まります。
 

食べ方

 腹八分目にすること。そして、早食いをしないことです。

 食べ過ぎは消化器官に負担をかけ、脳の血流低下を招きます。また、早食いは十分咀嚼されないため、これも消化器官の負担となります。

 ・時間をかけて、しっかり噛んで食べる。
 ・腹八分目を心がける

 事を忘れずに。
 

昼寝

 食後に15~30分程度の睡眠を取ると、眠気を取り除くことが出来ます。ただし、30分以上眠るとレム睡眠に入ってしまい、起きるのが辛くなります。
 

病気

 眠気以外に、全身のだるさや頻尿、疲れやすい、急激に太る(逆に痩せる)、喉の渇きなどの症状があったら糖尿病の可能性があります。一度専門医を受診して下さい。

 顔色が悪かったり、めまいや立ち眩み、耳鳴り、動悸、息切れがある場合は貧血の可能性があります。貧血については「貧血の原因と対策、男性の場合と女性の場合」を参考にして下さい。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>