洗濯機を掃除して、たまったカビや汚れを落とす方法

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 洗濯すると何故か黒い汚れがついたり、嫌な臭いやカビ臭がしたら、それは洗濯機の中(洗濯槽)に汚れがたまっていたり、カビが繁殖しているのが原因です。しかも、洗濯物につくと言うのは、かなり進行した状態と言えます。

 そのまま使用を続ければ、洗濯する度洗濯物にカビの汚れがついたり、雑菌が洗濯物に移ったりして臭いの元になります。洗濯槽の汚れやカビを掃除し、予防策を講じましょう。

スポンサードリンク

洗濯機の掃除

 洗濯機の掃除する方法は色々あり、意外と身近な物でも掃除ができます。
 

お酢

 酢は酸性なので、アルカリ性の石鹸カスや水垢を落とすのに有効です。

 酢は市販されている穀物酢で構いません。洗濯ネットを取り外し、洗濯槽に水を高水位にため、お酢を2~3カップの注いだら3分ほど洗濯機を回します。その後1~2時間放置(半日放置すればさらに効果的です)すると汚れが浮いてきますので、標準コースで1回洗濯しましょう。

 ただし、斜めドラム式の洗濯機の場合はドアを開けても水がこぼれない水位にして下さい。
 

クエン酸

 クエン酸も酸性で、使い方は酢と同じ。高水位に給水し、クエン酸の粉末を1カップ入れて下さい。
 

重曹

 重曹とは「重炭酸ナトリウム」で、酢とは逆にアルカリ性です。酸性の汚れに有効で、臭いを分解する効果もあります。

 お酢やクエン酸に重曹をプラスすると効果がアップしますし、重曹単体でも十分洗浄効果があります。コップ1杯の重曹を加え、後は同じ手順で。

 注意
 洗濯機によっては、酢や重曹による洗浄ができない場合があります。必ず事前に説明書等で確認してください。

 また、浮いてきた汚れはすくい取って下さい。そのまま排水すると、排水口に汚れが詰まるなどして、故障の原因になります。

スポンサードリンク

 

酵素系漂白剤

 酵素系漂白剤は強い発砲力があり、汚れもカビも根こそぎ取り除いてくれます。

 高水位に給水し、酵素系漂白剤を100g~200gを入れて12時間放置した後、すすぎと脱水運転を行います。「槽洗浄」コースがある機種は、「槽洗浄」コースで。また、40~50度のお湯を使うと効果が高まります。

 酵素系漂白剤で洗濯槽の洗浄をしている動画がありましたので、参考までに。

 閲覧注意と言うだけあってすごいですね。洗濯機は10年間掃除をしないと、これだけ汚れがたまるのです。こうなると、1度の掃除では汚れが落ちきらず、2~3回繰り返す必要があります。
 

洗濯槽クリーナー

 洗濯槽を洗浄するための専用製品が各メーカーから発売されています。

 洗濯槽クリーナーには塩素系と酵素系があり、洗濯槽カビキラー等の塩素系の製品は、カビの除去や殺菌力は高いものの、カビ以外の汚れに弱いと言われます。

 洗濯槽カビキラーを使って洗浄する動画がありましたので、参考までに。

 購入する場合は塩素系か酵素系かを確認して下さい。だいたい、カビ除去と殺菌を前面に出している製品は塩素系です。

洗濯槽キレイサッパリ 600g

洗濯槽キレイサッパリ 600g
価格:693円(税込、送料別)

 こちらは酵素系の製品で、レビューでも非常に評価が高くなっています。

  酵素系は洗浄力は高いのですが、殺菌力については塩素系に劣りますので、酵素系で汚れを落とした後塩素系で殺菌するのが理想的です 。特に数年間掃除をしていない洗濯機では、大量の雑菌が繁殖。洗濯物へ菌移りしますので、酵素系で汚れを落とした後、塩素系で消毒しましょう。

分解掃除

 洗濯機は意外と簡単に分解できるそうなので、洗濯槽を取り出してカビキラーや高圧水洗浄機を使って洗浄するのも手です。

 手順は、分解掃除をする動画を参考にして下さい。動画は、縦型とドラム式の2つあります。

汚れやカビの原因

 そもそも、どうして洗濯機の中はこんなにも汚れ、カビが生えるのでしょうか?。

 洗濯槽内には、洗濯をする度に出るタンパク質汚れや油汚れ、泥、洗剤の溶け残りなどが少しずつたまっていきます。そして、それらの汚れを栄養源にカビが繁殖するのです。

 しかも、洗濯機は毎日大量の水を使い、洗濯槽内には直射日光が入り込みません。つまり、洗濯槽には

 1.栄養
 2.水分
 3.光が入らない環境

 と、カビが繁殖するための条件がすべて揃っているのです。

予防

 原因を踏まえて、予防策を講じます。

洗剤: 洗剤の使用量を守って下さい。洗剤を使いすぎると、溶け残った洗剤がカビの餌となります。
 
槽乾燥: 週に一度は洗濯槽内の湿気を取り除くために、ドラム式洗濯乾燥機・タテ型洗濯乾燥機は、洗濯終了後に乾燥運転を行います。「槽乾燥」コースがある機種は「槽乾燥」を使いましょう。
 
洗浄: 月に一度は、洗濯槽クリーナーで洗濯槽を洗浄しましょう。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA