犬の口臭は病気が原因?、対策は?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 愛犬の息が最近どうも臭い、口臭が気になる、何かの病気かも知れないと心配している飼い主さんは少なくありません。

 犬の口臭は、単に歯の汚れが原因のこと事もありますが、口内の病気や、内臓疾患が原因である場合があります。

 健康な犬には口臭はありません。手遅れにならないよう、早めの原因を知り、対策を取りましょう。

スポンサードリンク

犬の口臭の原因

 犬の口臭の原因には幾つか原因があります。
 

加齢

 犬も人間と同じで、加齢によって唾液の分泌が減り、口が乾燥してネバつきやすくなります。そのため汚れや歯垢が残りやすく、口臭の原因になるのです。
 

歯垢、歯石

 普段のデンタルケアを怠っていると、犬の歯も人間と同じように歯垢や歯石がたまります。これが口臭の原因となります。

 加齢の場合も含めて、タオルで犬の歯を拭ってみて、タオルから臭いがしたら歯の汚れが原因と考えられます。
 

歯肉炎、歯周病

 そして、歯石や歯垢が溜まった状態を放置していると、歯肉炎や歯周病を発症して、これも口臭の原因です。

 3歳以上の犬の8割が歯周病を持ち、犬の口臭の原因は90%以上が口腔内の異常によると言われています。

 歯茎に腫れや赤み、出血があったり、歯がグラグラする場合、歯肉炎や歯周病の可能性が高いと考えられます。
 

食べ物

 食べ物が口臭の原因となることがあります。

 油分の多い食事をしていると口内が酸化しますし、穀物類など犬にとって消化しにくい物を食べさせると消化不良を起こし、口臭の原因となります。

 犬が下痢や嘔吐をしていたら、体に合わない食べ物を食べている可能性があります。
 

病気

 糖尿病、尿路感染症、腎臓や肝臓の病気、口癌等の病気も口臭の原因です。

スポンサードリンク

犬の口臭の対策

 犬の口臭が気になったら、まず最初にすべきは専門医の診断を受け、原因を明らかにすることです。その結果、単なる歯の汚れであればデンタルケアを、病気が原因であれば直ちに適切な治療を始めなければなりません。
 

病気の対策

 もし病気であったら、専門医に任せるしかありません。飼い主に出来るのは、予め保険に入っておくことくらいです。

 

歯石、歯垢の対策

 歯磨きをして、歯垢を取り除いてあげて下さい。最近はトリミングサロンでもデンタルケアをしてくれる所がありますので、プロに任せるのもいいでしょう。

 また、既に歯石がついてしまっている場合、一度動物病院でスケーリング(歯石除去)を受ける事をお勧めします。

 歯垢や歯石を除去できたら、毎日必ず歯を拭いてやり、少なくとも週に1回は歯磨きをしてあげましょう。歯磨きガムやデンタルおもちゃも有効です。

 

サプリメント

 歯垢対策のサプリメントもあります。犬が歯磨きを嫌がって、どうしても歯を磨けないなら、試して下さい。

 

食べ物の対策

 油分の多い食べ物や、穀物類を食べさせないことです。ドッグフードを選ぶ時も、成分を確認し、油や穀物が含まれていない物を選びましょう。

 目安としては、賞味期限が1年以内の物、動物性タンパク質中心の物を選ぶといいでしょう。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA