電子レンジの掃除、簡単にこげやにおいを落とすには

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 普段何気なく使っている電子レンジ、掃除をしたことはありますか?。気が付くとレンジ内に油汚れや、黒いシミがあったり、嫌なにおいがしたり。でも、電子レンジの掃除ってどうすればいいのか?。

 我が家の電子レンジも購入から5年以上、実は一度も掃除したことがないため、中が大変な事になっています。そこで、掃除をしてみることにしました。

スポンサードリンク

電子レンジの汚れ、こげ

 電子レンジを長年使っていると、とくにラップをせずに温めていると、水蒸気や揮発した油分、時には飛び散った食材がレンジ内にこびり付き、こげや汚れの原因になります。
 この汚れや焦げにもマイクロ波が作用するため、余計に電力を消費してしまいます。また、何度も加熱されて炭化した汚れは電気を通す(炭は電気を通す)ので、火花が出ることがあり、最悪の場合火災が発生します。

電子レンジのにおい、油汚れ、こげを落とす

 我が家のレンジは購入して5年以上、一度も掃除をしたことが無く、内部はこんな状態になっています。
電子レンジ掃除前1

電子レンジ掃除前2
 この汚れを落とすために用意したのが、電解アルカリ洗浄水のクリーンシュシュと言う製品です。

 パソコンのキーボードを掃除した時、絶大な威力を発揮したので、電子レンジでも使ってみました。油汚れやタンパク質の汚れに強く、除菌消臭まで出来るのですから、電子レンジの掃除に使うのに理想的です。

スポンサードリンク

 使い方は至って簡単。クリーンシュシュをスプレーして、2~3分待ってから拭き取るだけ。拭き取りにはクッキングペーパーを使いました。
キッチンペーパー
 スプレー後、ちょっと拭いただけで、こんなに汚れが。

 一通り拭き掃除を行い、油汚れやこげ、においは取れて大分スッキリしたのですが、赤黒い物が残っています。掃除を始める前から予想はしていましたが、さびです。
電子レンジ掃除後
 歯ブラシで擦ってみましたが、さびだけはとれませんでした。こうならないように、普段からこまめに掃除をしておきましょう(泣)。

 と言う事で、自戒を込めて電子レンジをさび付かせない方法、掃除方法、においを取る方法をまとめておきます。

電子レンジをさび付かせないために

 電子レンジをさび付かせないためには、まず電子レンジを正しく使うことです。
 

卵、ソーセージ、イカ

 電子レンジに入れると破裂しやすい食材があります。卵とソーセージ、そしてイカ。大体殻や皮、膜で包まれた食材で、電子レンジで温めると内部の水蒸気の逃げ場が無いため、破裂しやすいのです。

 卵はレンジを使わず、ソーセージやイカは楊枝で複数箇所穴を開けて、水蒸気の逃げ場を作って下さい。
 

ラップ

 温める時、ラップを使わないと水蒸気や油がレンジ内に充満してしまいます。
 

掃除

 毎日清掃するのが理想的ですが、毎日が無理でも週に1回は掃除をして下さい。また、食材が破裂した時は必ず清掃しましょう。

電子レンジの掃除、水と重曹

 汚れを落としてにおいもとれるクリーンシュシュが一番簡単ですが、クリーンシュシュ以外の掃除方法をまとめておきます。
 

 耐熱容器に水かお湯を張って、ラップをせずにレンジで加熱。レンジ内が暖まり、水蒸気で汚れが浮いた所を拭き取ります。
 

重曹

1. 水200ccに大さじ1~2杯の重曹を溶かす。
2. 耐熱容器に重曹水を入れて、ラップをしないでレンジで2~3分加熱。
3. そのまま30分ほど放置。
4. タオルやスポンジなどで拭き取る。

電子レンジのにおい取り、クエン酸やコーヒー

 普段家にある物で、電子レンジのにおいを取ることが出来ます。
 

コーヒー

 ドリップコーヒーの、コーヒーを淹れた後のカスをラップをせずにレンジに入れて、30秒ほど加熱。
 

クエン酸

 クエン酸は、柑橘類に多く含まれる酸っぱさの成分です。100mlの水に対し、小さじ1杯のクエン酸を溶かしたものをレンジ内にスプレーするとにおいが消えます。
 

お茶

 緑茶でもほうじ茶でも、どちらでもOKです。茶殻をラップせずに30秒~1分程度加熱する事で消臭効果を発揮します。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA