梅雨の時期だけじゃない、畳のカビ対策、除去と予防

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 梅雨の時期になると、家のあちこちでカビが生えてきます。しかし、最近は暖房器具や加湿器の使用で、冬でも温度や湿度が下がらず、1年中カビの対策が必要です。

 勿論畳もそのひとつ。

スポンサードリンク

畳のカビの原因

 畳にカビが生える原因は、

 ・湿度(60%以上)
 ・気温(25~30度)
 ・汚れ(ホコリや人間のアカ、食べかす等)
 ・日陰
 ・風通しが悪い

 の5つ。これらは畳に限ったことではなく、全てのカビに共通する原因です。

 畳の場合特に注意すべきは湿度。畳表に使われているい草は吸湿性に優れ、部屋の湿気を吸い取ります。しかし、最近の家は機密性が高く、自然換気が少ないために室内に湿気が籠もりやすくなっています。

 特に新しい畳(1年以内)は湿気を吸収しやすく、カビが生えやすいのです。

畳のカビを除去する方法

 畳のカビを除去するとき、やってはいけないのが水拭きと掃除機です。水拭きはカビに水分を与えてしまうし、掃除機をかけると排気口からカビが吹き出し、部屋中に広がってしまいます。

 畳のカビを除去するための、お勧めアイテムは2つ。
 

エタノール

 カビの除去に有効なのは消毒用エタノール。これをスプレーに入れてカビに吹き付け、から拭きします。

 隙間のカビは、エタノールをスプレーした後、畳の目に沿ってハブラシやタワシで擦ってください。

 最後にカビの生えていた部分にもう一度エタノールをスプレーし、乾かします。
 

カビソフト除去スプレー

 カビキラー等の漂白系カビ取り剤は強力ですが、畳に使うと色落ちなどを起こします。そんな漂白に弱い部分でも使えるカビ除去剤があります。

畳のカビを予防する方法

 カビを除去したら、再び生えてこないように予防策を講じます。
 

天日干し

 カビを除去した畳は、出来たら一度天日干しして湿気を抜き、紫外線でカビ菌を完全に死滅させましょう。
 

掃除

 カビの餌となる食べかすや皮脂などを残さないように、こまめに掃除をして下さい。
 

防カビシート

 畳の下に敷くことで、防カビ・防虫・防ダニ効果を発揮。

 1帖用、4.5帖用、6帖用、8帖用があります。

 

カビ防止スプレー

 カビ防止スプレーを畳の表面に噴射することで、長期間(2~3年)カビを防止できます。

 

換気

 カビの最大の原因である湿気をためこまないため、換気をします。

 風通しが悪く、換気のし難い場所は、除湿器や扇風機などを使って下さい。

 そして、

 ・洗濯物の部屋干しをしない。
 ・観葉植物などを部屋に置かない。

 ようにしましょう。

カビ関連記事
梅雨だけじゃない、押し入れ、布団、フローリングのカビ対策
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA