喪中はがきを出す時期と範囲、書き方と文例

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 家族や親族が亡くなった時、喪中はがきを出して、喪に服していることを知らせ、翌年の新年の賀詞を遠慮する旨を伝えます。年賀状を遠慮する旨を伝えるものであるため、正式には「年賀欠礼の挨拶状」と呼ばれます。

 しかし、その喪中はがき、いつ出せば良いのでしょう。家族や親族が亡くなった時、直ぐに出すのか。そして、誰に出せば良いのか、文面はどうすればいいのか、まとめてみました。

スポンサードリンク

喪中はがきを出す時期は?

 喪中はがきは、だいたい11月上旬から、12月15日までには届くように出します。

 例えば、身内が亡くなったのが春先だったとしても、すぐに出すのではなく、11月上旬~12月15日に出すようにします。

 春や夏に来年の年賀状の話をするのは季節的にも変ですし、あまり早く出しても相手が忘れてしまうかも知れません。そこで、年賀状のことを意識し始める11月上旬から、例年年賀状の受付が始まる12月15日までに届くように出します。

 もし、身内の方が無くなったのが12月に入ってからで、15日までに間に合わない場合はどうすればいいのでしょうか?。
 この場合、喪中はがきを年賀状の返信として出すか、松の内(1月1日から、地域によっても違いますが、最大1月15日まで)を過ぎてから、寒中見舞いを出します。

喪中はがきを出す範囲は?

 喪中はがきは、どのような間柄の方が亡くなった時に出すのでしょう?。その範囲とは?。

1. 同居の家族や親族、そして肉親(両親、兄弟姉妹、子)が亡くなった場合は100%出します。
2. 同居していない「祖父母、養父母、義理の息子・娘」が亡くなった場合。普段の付き合いを考慮して、家族で決める事が多いようです。ただ、祖父母については必ず出すという地域も多いようです。
3. 同居していない「義兄弟姉妹、叔父叔母、叔父叔母、いとこ、甥姪」が亡くなった場合には、一般に喪中はがきを出さないことが多いようです。これも付き合いの程度によって、最終的には家族で相談して決めます。
 地方や宗派によっても違うことがあります。これらはあくまで参考例です。

喪中はがきを出す相手

 喪中はがきは誰に送るのでしょうか?。年賀欠礼の挨拶状ですから、年賀状が基準になります。

1. 毎年年賀状の遣り取りをしている相手
2. その年にお世話になったり、親しくなって、本来なら年賀状を送ろうと考えていた相手
3. 喪主の場合、故人が年賀状の遣り取りをしていた相手。故人の葬儀に参加してくれた人
 基本的に親族間で喪中はがきは不要です。ただし、義兄弟姉妹など故人と遠縁で、または比較的疎遠であるため訃報を知らせずにいた場合には、喪中はがきを出すこともあります。

喪中はがきの書き方

1. 最初に喪中である事を知らせる言葉を書きます。
頭語や結語は用いず、時候の挨拶も使いません。年賀状と同じで、「拝啓」で書き出し「敬具」で結ぶ、といった体裁は不要です。
また、「年賀」は使用しません。代わりに「年始」「年頭」「新年」を使います。


喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

 
2. 亡くなった方との続柄とお名前を書きます。
家族連名で出す場合、喪主を中心とし、喪主と故人との続柄を記載します。


母 野上さくら

 
3. 年齢と亡くなった日を書きます。


○○歳が去る○○月○○日永眠いたしました。

 
4. 日頃お世話になっているお礼を書きます。


本年中の御厚情に深く感謝申し上げます。

 
5. 新しい年の、お付き合いや支援をお願いする言葉を書きます。


明年も変わらぬご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

 
6. 日付
西暦は使いません
 
7. 住所と差出人名

喪中はがきの文例

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

母 野上さくら○○歳が去る○○月○○日永眠いたしました。
本年中の御厚情に深く感謝申し上げます。
明年も変わらぬご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

平成○○月○○日
○○県○○市○○区○丁目○○
野上 一郎
   美子

 上記はほんの一例に過ぎません。今は喪中はがきもインターネットで手軽に注文できますので、悩んでいる方は任せてみるのも良いでしょう。
喪中関連記事
喪中と忌中の違いとは?。期間や過ごし方は?
喪中の暑中見舞い、マナーと文例
正月、喪中はどう過ごす?。おせち料理や正月飾りは?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>