エアコンが効かない、冷えない時の原因と対処法

aircon
 暑い夏を乗り切るのにエアコンは欠かせません。しかし、スイッチを入れてもちっとも涼しくならない、そんな事はありませんか?。

 原因は幾つか考えられます。しっかり把握して、涼しく過ごしましょう。

スポンサードリンク

エアコンが冷えない原因

 エアコンを使っているのにちっとも効かない、冷えない、と言う時、考えられる原因は

・故障
・冷媒ガスの不足
・フィルターの汚れ
・能力不足
・室外機の汚れ
・室外機の設置場所
・設定ミス

 等です。
 

エアコンの故障

 故障していたら勿論冷えません。

・室内機から風が出ていない
・室外機のファンが回っていない
・電源が入らない

 場合は故障の可能性が高いと思われます。ただし、一つだけ確認して欲しいのはブレーカーです。エアコンは、電子レンジと並んで電力を必要とする電化製品です。そのため、使用している間に電力消費が上がりすぎてブレーカーが落ちることがあります。

 特にエアコン専用のブレーカーがある場合、専用ブレーカーが落ちても他の電化製品には影響が無いため見落としがちです。

 「エアコンの電源が入らないので修理を呼んだら、ブレーカーが落ちていただけだった」と言う事は意外と多いそうです。
 

冷媒ガスの不足

 エアコンで空気を冷やすには冷媒ガスが必要です。もし、室内機も室外機も動いているのに、吹き出し口から出る風が冷たくない、と言う場合ガス不足が考えられます。

 古いエアコンでは、冷媒ガスが漏れていることがありますし、設置したときの施工ミスでガスが漏れるケースも多いので、新品だからと安心してはいけません。

 また、ガス漏れが起きている時、室外機の高圧パイプ(室内機と室外機を繋いでいるパイプの、室外機に繋がっている部分)に霜が付いていたりします。
situgaiki
 写真の部分ですが、通常はカバーで覆われているので、外して確認して下さい。
 

フィルターの汚れ

 エアコンも室外機も動いているけど、風が出てこない。と言う時は、カバーをはずしてフィルターと熱交換器(アルミのフィン)を確認して下さい。もし、埃が溜まっているようだと送風が妨げられます。
 

エアコンの能力不足

 エアコンは動いているし、冷風も出ているけど部屋が冷えない時は、エアコンの能力に対して部屋が広すぎる可能性があります。
 

室外機の汚れ

 室外機の放熱フィンに汚れや埃が溜まっていると、熱を排出する効率が低下して冷風が出なくなります。

 室外機は、置かれている環境によっては汚れが付きやすいことがあります。

スポンサードリンク

 

室外機の設置場所

 室外機は室内の熱を放出するためのもので、直射日光の当たらない風通しの良い所におくのがベストです。もし、室外機に直射日光が当たるような暑い場所に置いてしまうと、熱の放出ができず、冷風が出なくなります。
 

設定ミス

 スイッチを入れて、最初は動くのに直ぐ止まって待機状態になってしまう。室内機から温風が出てくる時は、エアコンの温度設定が高すぎる、または冬に暖房の設定にしたのをそのまま使っている可能性があります。

エアコンが冷えない時の対処法

 

修理の依頼

 エアコンの故障、そして冷媒ガスの不足の場合は専門業者に修理やガスの充填を依頼して下さい。

 ガスの充填は1万円程度で出来るそうです。修理は内容次第で値段が変わりますが、10年以上使用している製品なら、買い換えた方が早いかも知れません。
 

エアコンの洗浄

 室内環境や使用頻度によっても違いますが、エアコンのフィルターは月に1度くらい洗浄した方がいいでしょう。フィルターは、単に掃除機で埃を吸うだけでも効果があります。

 室内機と室外機は年に1度は本格的に洗浄しましょう。内部に埃が溜まっていたり、カビが生えていたりすると、エアコンを付ける度に埃やカビの胞子が吹き出し、アレルギーの原因となることもあります。

 自分で洗浄することも出来ますが、やはり専門の業者に頼むのが一番。色々な業者がありますので、ネットで一括見積もりしましょう。

 自分で清掃する場合、お掃除本舗のサイトが参考になると思います。
 参考:ご家庭でできるエアコン掃除の方法
 

エアコンの買い換え

 取扱説明書で何畳まで対応しているか確認し、部屋の広さに対応していないなら、新しく部屋の広さに合ったエアコンを購入して下さい。
 

室外機の対策

 室外機の置き場所が直射日光が当たるような暑い場所にあるなら、日陰になる場所に移動するか、日除けやすだれ等で室外機に直射日光が当たらないようにしましょう。それだけで冷房効率や消費電力が大きく変わってきます。
 

設定の確認

 エアコンが冷房の設定になっているか、設定温度が高すぎないかを確認して下さい。

 また、エアコンの効率を高めるには「部屋の暑さ対策は窓から。シートやすだれ、スプレーで」も参考にして下さい。

まとめ

エアコンが効かないときの原因として考えられるのは
・故障
・冷媒ガスの不足
・フィルターの汚れ
・能力不足
・室外機の汚れ
・室外機の設置場所
・設定ミス

対策は
・修理
・洗浄
・買い換え
・室外機への直射日光を避ける
・設定を確認

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります