部屋の暑さ対策は窓から。シートやすだれ、スプレーで

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 室内の温度が上昇する最大の原因は、窓から侵入する太陽の熱です。室内に侵入する熱の、約7割が窓や開口部からと言われています。

 つまり、窓の遮熱をしっかり行えば、温度上昇を防いで冷房効率を上げて電気代の節約も可能ですし、その方法も意外と簡単です。

スポンサードリンク

カーテン

 勿論只のカーテンではなく、遮熱カーテンを使います。

 遮熱カーテンは熱を遮る機能を持ったカーテンです(遮光カーテンと間違えないで下さい。遮光カーテンは光を遮るカーテンで、熱を遮る機能はありません)。
 勿論遮熱カーテンだけで快適な温度まで下げる事は出来ませんが、遮熱カーテンは窓からの熱を遮り、室内の冷気を逃がさないので冷房効率が高くなります。

 また、冬場は逆に室内の熱を逃がさないので、暖房効率も上がります。

 厚地タイプやレースタイプ、普通のカーテンの裏地に取り付ける裏地タイプなど、様々なタイプがあります。

 注意
 気温が上がってくると品薄になり、デザインや種類を選べなくなります。早めに注文しておきましょう。

シート

 遮熱シートを窓ガラスにはるのも、手軽に出来る暑さ対策の方法です。種類によって、熱を20%~70%カットすることが出来ます。

 ただの断熱ではなく、遮光や紫外線カット、温度上昇を抑制するタイプなど様々な種類があります。目的に合わせて選びましょう。

 遮熱シートを楽天市場で

 注意
 窓ガラスの中にワイヤーが入っているタイプには使用できないフィルムやシートがあります。遮熱シートを貼ったために、熱でガラスが割れてしまったと言うケースがあるそうなので、遮熱シートを購入する前に確認して下さい。

省エネスプレー

 窓ガラスに直接スプレーすることで遮熱効果を発揮するスプレーです。冷房効果をアップさせ、冬には断熱効果で結露を軽減し、カビや汚れを防ぎます。

 塗布後は水拭きや空拭きをしても効果は落ちず、効果は約1ヶ月持続します。

スポンサードリンク

すだれ

 カーテンやブラインドは通常部屋の内側に設置しますが、実は日よけは窓の外に設置する方が効果が高いのだそうです。

 そこで、窓の外にすだれを設置します。昔ながらのすだれも構いませんが、最新の製品は遮光率や紫外線カットの性能が高く、設置することで室内の温度が5℃下がるというデータがあるほどです。

 すだれも遮熱フィルムも省エネスプレーも、ホームセンターで購入できますが、近くにホームセンターが無い場合は楽天市場でも注文できます。

樹脂サッシ

 窓ガラスに遮熱シートなどを貼っても、窓の枠にあたるアルミサッシから熱が侵入します。アルミニウムは加工のしやすさ、軽さから広く利用されていますが、断熱性は低いのです。

 そこで、最近注目されているのが、熱伝導率の低い樹脂をサッシに使った製品。また、樹脂とアルミを組み合わせた複合窓も製品化されています。

 サッシの交換はリフォーム業者に依頼しますが、ネット上で一括見積もりが便利です。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>