夜に咳がひどくなる、止まらない、原因と止める方法

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

 風邪をひいているわけではないし、昼間は大したことは無いのに、夜になると、特に布団に入ると咳が出る、止まらない。そんな事はありませんか?。

スポンサードリンク

夜に咳がひどくなる原因

 夜に咳がひどくなる原因は、自律神経の反応やアレルギー、温度差、喘息等があります。原因はわかっていませんが、アレルギーや喘息、鼻炎、鼻水などは夜に悪化する事が多いと言われています。
 

自律神経

 自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、普段内臓の働きをコントロールしています。昼間は交感神経が優位になり、心拍数や呼吸数、血圧が上昇して活動しやすくします。

 これが睡眠時には副交感神経が優位となり、休息するために筋肉が緩んでリラックス状態となります。その結果、気管や気道が狭くなり、咳が出やすくなると言われています。
 

温度差

 気管支は急激に温度が低下すると収縮しやすく、咳発作を起こしやすくなります。明け方は夜と比べて5~6℃温度が下がる事が多く、咳発作の原因となります。
 

アレルギー

 布団にダニがいると、就寝時にその死骸や糞を吸い込んでアレルギー反応が起こります。また、布団のホコリも原因の一つです。
 

咳喘息

 普通の喘息と違い、ゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はなく、症状は乾いた咳のみで、発熱や痰(たん)などの症状もほとんど出ません。

 夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすいのも特徴です。

 咳喘息は喘息の前段階ともいわれ、放置すると、本格的な喘息に移行してしまうことがあるので注意が必要です。
 

スポンサードリンク

鼻炎

 鼻炎で溜まっていた鼻水が、横になった時に喉に流れ込み、それが刺激となって咳が出る事があります。
 

アルコール

 お酒が原因になる事もあります。アルコールを摂取する事で体内に出来るアセトアルデヒドという物質が気道を収縮させて咳を起こしやすくします。

夜の咳を止める方法

 咳が止まらない状態が長く続くなら、一度医療機関を受診して原因を突き止めてください。

 ここでは医療行為以外で、咳を止める、緩和する方法をまとめておきます。
 

寝方

 仰向けで寝ている場合は横を向いて、それでも症状が変わらなければ、背中を丸めて寝てみて下さい。

 また、身体を30~45℃くらいの角度に起こして寝ても、気管が広がります。
 

乾燥

 乾燥していると咳が出やすくなります。加湿器などを使って、湿度を60~80%に保って下さい。濡れたバスタオルなどを部屋にかけておくだけでも効果があります。
 

マスク

 マスクをして寝ると、喉を乾燥から守る事も出来ますし、花粉症用のマスクならホコリやダニを防ぐ事も出来ます。
 

温かい飲み物

 冷たい飲み物は気管を刺激して咳の原因になります、温かい飲み物をゆっくり飲んで下さい。

 また、蜂蜜には小児用の咳止めシロップと同等以上の効果があると、アメリカの研究機関が発表しています。温かい飲み物に、蜂蜜を入れると効果的です。
 

ツボ

 咳を緩和するツボが幾つかあります。下の動画を参考にして下さい。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>