初盆・新盆はいつものお盆と違う?。香典の金額やマナーは?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 お盆は、故人や祖先を供養する大切な行事です。毎年この時期に合わせて企業も夏休みになりる等、親戚一同が集まる重要な行事として定着しています。

 特に、初盆・新盆は念入りに供養が行われます。

 では、初盆・新盆は普段のお盆と何が違うのか。初盆・新盆に招かれた時、香典の金額やマナーは。そもそも初盆・新盆ってなんのでしょう?。

スポンサードリンク

初盆・新盆とは

 初盆(はつぼん)と新盆(にいぼん)は同じ事を指す言葉で、故人が亡くなって四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆の事です(もし四十九日を迎える前にお盆が来たら、初盆は翌年に持ち越しになります)。

 そのため、親族以外にも故人に縁のある人を招き、僧侶を呼んで読経をしてもらう等、いつものお盆より念入りに法要を営むことが多いのです。

初盆・新盆の香典の金額

 初盆・新盆に渡す香典の金額は、5千円~1万円が一般的なようです。ちなみに普段のお盆では3千円~5千円と言われます。

 ただし、地方によっては金額が決まっている場合もあります。事前に先方に確認しておきましょう。

 不祝儀袋の表書きは、仏教では「御仏前」。神道では「御玉串料」「御神前」と書きます。宗教や宗派を問わず、広く使えるのが「御供物料」。

 日本では仏教式で行われることが多いと思いますが、これも予め確認しておきましょう。

初盆・新盆に提灯を送る?

 地方によっては、新盆に盆提灯を送るしきたりのある所があります。

スポンサードリンク

 その場合、不祝儀袋の表書きを「御提灯代」として、提灯の代わりに現金を渡す場合もありますので、事前に先方に確認して下さい。

初盆・新盆の服装

 葬儀の時と同じ喪服を着るのが理想ですが、暑い時期なので地味な服装で良い場合もあります。

 その場によって違いますので、事前に参加者に確認するのが無難です。

 まとめ

初盆と新盆は同じ事、故人が亡くなって四十九日を過ぎてから最初に迎えるお盆。
香典は5千円~1万円。
地方によっては新盆に盆提灯を送る事もある。
服装は喪服が理想。
 ただし、お盆という行事は地方や、その家によって様々なしきたりがあり、なかなか「こうすれば大丈夫」と言い切れません。本人が常識のつもりでも、思わぬマナー違反になることもあり得ます。

 そこで、実家や親戚などに事前に確認しておくことをお勧めします。葬儀社に聞く人もいるようですが、地元のことは地元の人にしかわかりませんし、その家特有の決まり事のようなものもあります。

お盆関連記事
お彼岸とお盆の違いとは?。どちらか一方じゃ駄目なの?
お盆のお供え物、意味としきたり
お盆とは、その由来と意味。浄土真宗の場合は?
お盆の供え物、何を選ぶ?。のし紙は?、お金でもいい?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA