御香典と御霊前と御仏前、違いは何?、49日で使うのは?

 葬儀に参列する際には持参する香典、それを包む不祝儀用の熨斗袋には御香典、御霊前、御仏前とありますが、どれを使えば良いのでしょうか?。

 これらの使い分けは仏教、キリスト教、神道等の宗教によって、また同じ仏教でも宗派によって、はっきりしたルールがあります。知らずに使うと失礼に当たる場合もありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

御香典とは

 香典とは、主に仏教の葬儀で死者の霊前等に供える金品の事です。線香・抹香の代わりに供えるという意味もあり、香料とも言います。御香典はその不祝儀用の熨斗袋に書く表書きの一つです。

御霊前とは

 御霊前も不祝儀用の熨斗袋に書く表書きの一つで、霊前に供える金品に使います。神道やキリスト教の一部宗派でも使うことが出来る表書きで、比較的どの宗派でも使える、と言われています。

 ただし、仏教の場合49日までしか使えません。何故なら一般に仏教では、死者の霊は49日をかけて仏の元に辿り着くとされているからです。御霊前は死者が霊である間、49日目までに使う表書きなのです。

御仏前とは

 御仏前も不祝儀用の熨斗袋に書く表書きの一つで、仏様に供える金品に使うもの。仏様、と言う言葉で判るとおり仏教でのみ使うことが出来ます。

 死者の霊が49日をかけて仏の元に辿り着き、成仏して仏となってから使うのが御仏前です。

 御佛前と言う書き方もありますが、”仏”は”佛”の略語であり、意味は同じです。どちらかと言えば御佛前の方が丁寧な書き方で、京都では昔から御佛前が使われると言われますが、今ではそれほど拘らないようです。

49日の法要

 宗派を問わず、仏教で49日の法要は重要なものです。その時、不祝儀用の熨斗袋に書く表書きは、御霊前と御仏前どっちなのか?。

 御霊前の所で書いたようには、死者の霊は49日をかけて仏の元に辿り着きますので、49日の法要までは御霊前になります。

 御香典は御霊前と同じく49日までに使う表書きで、宗派問わずに使えます。

 そしてそれ以降、50日目からは御仏前を使うのです。

通夜と告別式

 既に書いたように、49日の法要までは御霊前を使います。そして余程特殊な事情(遭難など)がない限り、通夜と告別式の時点で死後49日を経過していることはないと思いますので、通夜と告別式でも当然御霊前を使います。

浄土真宗の場合

 御霊前と御仏前の使い分けですが、注意しなければいけないのは浄土真宗の場合です。同じ仏教でも、浄土真宗では御霊前を使いません。御仏前、または御香典です。

 浄土真宗の教えでは霊魂不滅や輪廻転生はなく、人は死ぬと即座に阿弥陀如来によって極楽浄土へ導かれる、とされています。そのため、「霊が49日をかけて仏の元に辿り着く」という考え方が無いのです。49日の法要自体は行われますが、御霊前は使わず、御仏前か御香典。当然、通夜と告別式でも御仏前になります。

 浄土真宗は仏教系で最も信徒数が多い宗派なので、覚えておいて損はありません。

参考:よくあるご質問| 浄土真宗本願寺派 信行寺
参考:興山舎 仏教界データリンク集
参考:宗教年鑑|文化庁

神道の場合

 御霊前が神式でも使える事は既に書きましたが、その他玉串料、御榊料、御神饌料、御神前があります。神式は香を使いませんでの、香典とは呼びませんし、勿論御仏前は御法度です。

キリスト教

 キリスト教では「御花料」が一般的です。御霊前も使えますが、キリスト教プロテスタントの福音派では教義の関係から使えません。御花料が一番無難でしょう。

まとめ

御香典は49日の法要まで、宗派問わず使える。
49日の法要までは御霊前を使う。
49日の法要が終わったら、翌日から御仏前を使う。
浄土真宗では御仏前か御香典、御霊前は使わない。
神式では御霊前、玉串料、御榊料、御神饌料、御神前。
キリスト教では御花料が無難。

参考:香典 – Wikipedia
参考:「表書きはどうすれば?」宗教別香典のマナー | ライフサポートプラス


関連記事
香典のマナーと金額、渡すタイミングや郵送の場合

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります