御香典と御霊前と御仏前、違いは何?、49日で使うのは?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 葬儀に参列する際には持参する香典、それを包む不祝儀用の熨斗袋には御香典、御霊前、御仏前とありますが、どれを使えば良いのでしょうか?。

 これらの使い分けには、はっきりしたルールがあり、知らずに使うと恥をかきます。

スポンサードリンク

御香典、御霊前、御仏前とは

 御香典、御霊前、御仏前の違いとはなんでしょうか?。そもそも、この3つはなんなのでしょう?。
 

御香典とは

 香典とは、主に仏教の葬儀で死者の霊前等に供える金品の事です。線香・抹香の代わりに供えるという意味もあり、香料とも言います。御香典はその不祝儀用の熨斗袋に書く表書きの一つです。
 

御霊前とは

 御霊前も不祝儀用の熨斗袋に書く表書きの一つで、霊前に供える金品に使います。比較的どの宗派でも使える、と言われています。
 

御仏前とは

 御仏前も不祝儀用の熨斗袋に書く表書きの一つで、仏様に供える金品に使うもの。仏教でのみ使うことが出来ます。

御香典と御霊前、御仏前の違い

 御霊前と御仏前は、ともに不祝儀用の熨斗袋に書く表書きである事が判りました。では、御霊前と御仏前はどう違うのか?。

 一般に仏教では、死者の霊は49日をかけて仏の元に辿り着くと言われています。御霊前は、霊が仏の元に辿り着くまでの間に使われます。

 そして、49日を経て仏の元で霊が成仏したら、そこからは御仏前を使うことになります。

スポンサードリンク

 御香典は御霊前と同じく49日までに使う表書きで、宗派問わずに使えます。

御霊前と御仏前、49日で使うのは

 死者の霊が仏の元にたどり着き、仏となるまでに使うのが御霊前ですので、49日の法要では御霊前を使います。それ以降は御仏前となります。

御霊前と御仏前、浄土真宗の場合

 御霊前と御仏前の使い分けですが、同じ仏教でも浄土真宗では御霊前を使いません。御仏前だけです、何故でしょう?。

 「死者の霊は49日をかけて仏の元に辿り着く」と言いましたが、実は本来仏教には霊という考え方はありません。浄土真宗は、「仏の教えに無い事はしない」と言う宗派であるため、御霊前を使わないのです。

 ですので、葬儀に参加する場合、先方の宗教や宗派を予め確認した上で表書きを選んで下さい。これは熨斗袋自体にも言えることで、例えば、蓮の花の絵が入っている熨斗袋は仏教にしか使えません。

 まとめ

御香典: 49日の法要まで使う。宗派問わず使える。
御霊前: 49日の法要まで使う。宗派問わず使えますが、浄土真宗では使わない。
御仏前: 49日の法要が終わったら、翌日から使います。
関連記事
香典のマナーと金額、渡すタイミングや郵送の場合
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA