とうもろこしの美味しいゆで方、電子レンジなら皮付きで

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

toumorokosi
 何かを美味しく調理しようと思ったら、必ずポイントや秘訣みたいな物があります。

 勿論とうもろこしも、ただ茹でれば良いと言うわけではありません。美味しく食べるには、ちょっとした秘訣があります

スポンサードリンク

とうもろこしのゆで方

1. とうもろこしの皮を1枚だけ残して剥ぎ、茎を切り落とします。

皮を1枚だけ残すのは、ゆでる時や、ゆでた後に冷ます時、とうもろこしの実が空気に触れることなくジューシーに仕上がるからです。また、皮は実を乾燥から守り鮮度を保つ働きがあるので、皮を剥ぐのは水に入れる直前にして下さい。

2. 鍋にとうもろこしと水を入れます。
沸騰してからとうもろこしを入れるのではなく、水の段階で入れるのもポイントです。水の段階から入れることで実が水分を吸収、プックリとジューシーに仕上がります。
3. 火にかけて、沸騰したら3分~5分で火を止めます。
茹でる際、とうもろこしが浮かないように落としぶたをすると良いでしょう。
4. 取り出して水気を取ります。
5. 10秒ほど塩水にさらす。
塩水にさらすと、冷めた後もシワになりにくくなります。
 沸騰してから入れると美味しくないのかというと、沸騰してから入れれば新鮮な野菜のようなシャッキリしたみずみずしさを楽しめます。ジューシーな仕上がりか、みずみずしさか、好みに合わせて変えて下さい。

 ゆで時間は品種や大きさによっても変わりますが、最大5分まで。これ以上ゆでると、柔らかくなりすぎて食感が悪くなります。

スポンサードリンク

とうもろこしを電子レンジで

 とうもろこしは、電子レンジでも美味しく仕上げることが出来ます。

1. とうもろこしを皮付きのまま皿にのせ、ラップをせずに5分加熱。
2. 茎の方(髭の反対側)から2センチほどの所で切り落とす。
3. 髭をもって軽く振れば、とうもろこしがスルっと抜けます。
 切り落とすのは皮を取りやすくするためで、切り落とさず皮を1枚ずつ剥がしても全く問題ありません。

 電子レンジの良い所は、水に栄養分が溶け出したり、仕上がりが水っぽくなったりしない所。そして、簡単な所です。

 もし、とうもろこしに皮の付いていなかったら、ラップか濡らしたキッチンペーパーでくるんで電子レンジに入れて下さい。

美味しいとうもろこしの選び方

 美味しいとうもろこしを食べたければ、ゆで方もそうですが、それ以前にとうもろこしの選び方が大切です。

1. 皮の色の濃いものを選ぶ。
皮の緑色が濃く、ツヤがあるものを選びます。
2. 茎の部分の切り口が白いものを選ぶ。
切り口が黒ずんでいるのは鮮度が悪い証拠です。
3. 実の色が薄いものを選ぶ。
実の色は薄い方がいいです。濃いのは熟成が進みすぎています。
 そして、とうもろこしは足の速い作物で、すぐに鮮度が落ちます。購入したら、すぐに調理してください。生での保存には向きません。

 調理したものを1本ずつラップすれば、2~3日なら冷蔵庫で保存できます。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA