自分で作るもつ鍋やもつ煮、臭みを取る下処理の方法色々

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

motsu

 寒い時期には美味しいもつ鍋やもつ煮、居酒屋でもよく注文します。

 そのもつ鍋やもつ煮、もし自宅で自分で作るなら、ボイル済みのもつではなく、生もつをお勧めします。美味しさが全く違うのです。しかし、生もつは下処理をしないと臭みやアクが出てしまうので、きちんと下処理をしましょう。

 と言う事で、もつの臭みを取る下処理の方法をまとめておきます。

スポンサードリンク

 塩もみして、生もつ表面のぬめりと汚れを取ります。

 多めの塩でしっかりともみこんでから、流水で洗います。1回でぬめりが取れなかった時は、もう1回繰り返して下さい。

 塩もみが下処理の基本なので、まず塩もみをしてから下で紹介する方法を試して下さい。

牛乳

 もつをよく洗い、しっかり水を切ってから牛乳に30分ほど漬けておきます。
 その後牛乳を捨て、もつをよく水で洗って表面に残った牛乳を落とします。

焼酎

 牛乳の代わりに焼酎につけ込んで臭みを取ることも出来ます。更に、焼酎で15分ほど茹でこぼす方法もあります。

醤油

 牛乳や焼酎の他に、醤油につけ込む方法もあります。ただし、醤油の場合は下味が付いてしまうので、それが嫌な場合は他の方法にしましょう。

小麦粉

 水洗いしたもつに、たっぷりの小麦粉をふりかけてもみます。小麦粉は薄力粉、中力粉、強力粉、何でも構いません。

 小麦粉で汚れを落とすように、しっかりと揉み込みんだら、流水で小麦粉を洗い流します。これを2回繰り返します。

茹でこぼし

 鍋にたっぷりの水を入れ、火にかけて沸騰したらもつを入れます。15分ほど茹でたらお湯を捨てて、もつを水洗い。これを2~3回繰り返します。

 茹でる際に生姜やニンニク、長ネギなどを入れると効果が高まります。

 臭みが強い場合は、水の状態からもつを入れて火にかけ、20分ほど沸騰させます。もしくは、焼酎を使って茹でこぼします。


 まとめ
 もつの臭みを取る方法を5つ紹介しました。このうち1つの方法だけで臭みがとれれば問題ありませんが、大抵それだけでは取り切れないので、複数の方法を組み合わせて下さい。

 基本の組み合わせは、まず塩もみをしてから、残り4つのいずれかを実行することです。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>