貧血の原因と対策、男性の場合と女性の場合

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 貧血とは血液が薄くなった状態で、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合を指します。

 ヘモグロビンは赤血球の中にあるタンパク質で、全身へと酸素を運搬する役割を担っているため、貧血になると疲れやすくなったり、動悸や息切れ、立ち眩み、めまい等の症状が出ます。

 貧血の原因で一番多いのは鉄分不足ですが、女性特有の原因や、男性の場合注意すべき事等があります。

スポンサードリンク

貧血の原因、食生活

 貧血の原因は様々ありますが、最も多くて男女共通の原因は食生活でしょう。
 

鉄分

 貧血で最も多いのが、鉄分の不足によって起きる鉄欠乏性貧血です。

 鉄分は体内で合成できないので、食事で摂取するしかありません。鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、貧血にはヘム鉄が有効です。一般にヘム鉄は動物に、非ヘム鉄は植物に含まれ、ヘム鉄を多く含む食品はレバー、カツオ、イワシ、赤貝等です。
 

ビタミンC

 鉄の吸収を助けるのに有効なのがビタミンCです。果物や野菜類に多く含まれます。
 

ビタミンB12と葉酸

 鉄分はそれだけでは血液の成分になりません。ビタミンB12と葉酸が必要です。レバー、カツオ、イワシ、赤貝の他、アサリ、ほうれん草、牡蠣、ブロッコリー、鮭、鰻等に含まれます。
 

たんぱく質

 そしてもう一つ必要なのが、たんぱく質です。肉類、魚介類、乳製品、卵、大豆製品に含まれます。

 無理なダイエットや、偏った食事でこれらの栄養分が不足すると、貧血が起きやすくなります。特に鉄分は吸収が悪く、吸収率は10%~15%程度と言われています。

貧血の原因、女性

 女性特有の原因として、月経、妊娠、出産、授乳があります。

 月経では出血により血液が失われ、妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにより多くの血液が必要になります。母乳は血液が変化したもので、授乳のために血液が不足しやすくなります。

スポンサードリンク

 そしてもう一つの理由が男性ホルモン。男性ホルモンは、女性ホルモンより活発に血液を新たにつくる指令を出すのです。

 そのため、女性は男性より貧血になりやすく、女性の20%~25%は貧血予備軍だと言われています。

貧血の原因、男性

 女性に比べて貧血になりにくい男性が貧血になったら、注意しなければいけないことがあります。それは、消化管からの慢性的な出血です。

 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなどによって体内で慢性的に出血していると、いくら十分に栄養補給をしていても血液の生成が間に合わず、貧血となります。

 貧血症状のある男性から大腸がんが発見されるのは、よくあることだそうです。

 出血があるかどうかは便の色で判断できます。もし便が「黒色」または「赤褐色から鮮紅色」だったら、出血していると可能性があります。

 黒色の便は食道、胃、十二指腸などから、赤褐色から鮮紅色の便は大腸の、特に肛門に近いところからの出血していると考えられます。

貧血の対策

 貧血対策に必要なのは、男女ともにまず食生活です。3食しっかり摂り、ヘム鉄、たんぱく質、ビタミンB12、葉酸、ビタミンCを含む食材を意識的に取り入れましょう。

 その際注意すべき点として、カルシウムとタンニンがあります。この二つは鉄の吸収を阻害するので、鉄分を摂りたい場合、お茶や、カルシウムを多く含む食品の摂取は控えてください。カルシムを摂りたい場合は、食間(食後1時間程度)に摂るようにしましょう。一番簡単のはサプリメントです。

 もし、サプリメントなどでしっかり栄養を摂っているのに貧血か改善しない場合、特に便が「黒色」または「赤褐色から鮮紅色」の場合、一度病院で検査を受けてください。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA