自転車運転者講習制度と危険行為14項目とは?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 近年スマートフォンを見ながら、ヘッドフォンで音楽を聴きながらと言った自転車の危険な運転が目立つことなどを受けて、警視庁は、自転車による交通事故の抑制を目的とした「自転車運転者講習制度」を施行しました。

 この自転車運転者講習制度に、「14項目の危険行為」と言う物があります。いずれも道路交通法によって定められていることで、自動車の運転免許を持っている方なら知っているであろう事ばかり。しかし、そうでない人にとっては初めて聞くような事が多いと思います。

 知らない間に違反をしないように、14項目の危険行為について、しっかり知っておきましょう。

スポンサードリンク

自転車運転者講習制度

 自転車運転者講習制度とは、14項目の危険行為に該当する違反で 3年以内に2回以上摘発された14歳以上の自転車運転者 に、公安委員会の命令による自転車運転者講習の受講を義務付けるという制度です。
 

罰金

 受講時間は3時間で、手数料として5700円かかります。事実上の罰金、と言うわけです。もし従わない場合、5万円以下の罰金が科されます。
 

何歳から?

 自転車運転者講習制度、対象年齢は何歳からでしょう?。上述の通り14歳からです。

危険行為14項目

 14項目の危険行為とは具体的にどんな行為を言うのか、ご存じでしょうか?。摘発されないよう、14項目をしっかり覚えておきましょう。
 

信号無視

 今更言うまでもありませんね。信号機の指示に従わなければ違反となります。

 注意すべきは2段階右折。自転車は交差点で右折するとき、下の図の赤のラインで2段階に分けて右折しなければなりません。青のラインで進むと信号無視の扱いとなります

二段階右折

 

通行禁止違反

 一方通行、指定方向外進行禁止、時間指定等通行禁止の違反です。

 下の標識がそれで、左側が矢印の方向にしか進んではいけない「指定方向以外通行禁止」、中央が「車両進入禁止」、右が車両通行止め。「軽車両を除く」または「自転車を除く」と言う補助標識が無い場合、自転車もこの標識に従わなければなりません。

通行禁止の標識

 

歩行者専用道での車両の義務違反

 歩行者専用道路は、下の標識がある道路で、車両の通行が禁止され、自転車も通行できません。右側の標識では自転車も通行できます。また、「軽車両を除く」「自転車を除く」と言う補助標識があれば通行できます。

歩行者専用道路の標識

 ただし、自転車で歩行者専用道路を走行する場合は徐行(人が歩く程度の速度、時速4~5キロ)しなければなりません。
 

通行区分違反

 車道の右側を走行した場合(障害物や、危険回避のやむを得ない場合を除く)。歩道等を通行できる条件を満たしていないのに歩道等を通行した場合、違反となります。

 車道の左端を走行していれば、まず問題ありません。もし左車線が左折レーンやバス専用レーンであっても、自転車には適用されませんので左車線を走って下さい。

スポンサードリンク

 

路側帯の歩行者妨害

 著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合には、路側帯を通ってはならない。とされています。

 路側帯とは、歩道のない道路上に白線を引いて歩行者用の通路を設定している部分です。

路側帯
 「著しく歩行者の通行を妨げる」とは、例えば路側帯が狭いため、自転車が進入すれば歩行者が車道に避けざるを得ないような状態を言います。このような場合、自転車は車道を走らなければなりません。
 

遮断機が下りた踏み切りへの進入

 踏切の警報機が鳴っているとき、踏切の遮断機が下りて来ているとき、そして踏切の遮断機が下りているとき、踏切に侵入してはいけません。
 

交差点での優先道路通行車妨害等

 優先道路を走る車両の通行を妨害してはいけません。では、優先道路とは何かというと

・優先道路の道路標識がある側
・車線表示や中央線が、交差点で途切れずに続いている側
・一時停止や徐行の標識がある場合、無い側
・道路の幅が2倍以上違う場合、幅が広い側
・上述の要領では優先関係が定まらない場合、左側が優先

 と定義されています。言葉だけではわかりにくいと言う方は、こちらのサイトを参考にして下さい
 

交差点優先車妨害

 交差点で右折するときに、その交差点で直進や左折をしようとする車両等の進行を妨害してはいけません。
 

環状交差点通行車妨害等

 環状交差点とは、下の写真のような交差点を言います。

環状交差点
環状交差点を左折等するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り環状交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。
環状交差点内を通行する車両等の進行を妨害してはいけません。
環状交差点に入るときに徐行をしないと違反となります。

 

指定場所一時不停止等

 一時停止の標識や、赤の点滅信号で止まらないと違反となります。自転車における一時停止とは、「自転車を止めて、足を地面に付ける」事です。

 下の写真が一時停止の標識です。
一時停止の標識
 この他、道路に「止まれ」と書かれているのを見たことがあると思います。こちらは、実は標識と違って法的拘束力がありません。
 

歩道通行時の歩行者妨害等

 歩道というのは、ガードレールや縁石によって車道から区切られた道路です。

 歩道は基本的に車両進入禁止なので、自転車は車道を通行しなければなりません。ただし、以下の場合自転車で通行することが出来ます。

「自転車通行可」または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある。
運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている。
安全のためやむを得ない。
 この場合でも、自転車は歩道の車道寄りの部分や通行指定部分を徐行しなければなりません。
 

ブレーキ不良自転車の運転

 ブレーキ装置がなかったり、ブレーキの性能が不良な自転車で走行すると違反となります。一時期流行したピストバイクなどは、勿論違反です。
 

酒酔い運転

 アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自転車を運転してはいけません。これは自動車の運転と同じです。

 自動車の場合「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」がありますが、自転車の場合は、このうち「酒酔い運転」だけです。
 

安全運転義務違反

 ハンドルやブレーキ等を確実に操作しない運転。傘を差しての運転や、スマホを見ながら運転して事故を起こした場合、安全運転義務違反になる可能性があります。いわゆる「ながら運転」は安全運転義務違反を取られる危険性があるので控えましょう。

 二人乗りも該当します。ただし、幼児用の椅子がついているものは別で、前後に椅子をつけて3人乗りまでは道交法上認められています。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

3 comments on “自転車運転者講習制度と危険行為14項目とは?

  • この自転車運転講習制度、実際に運用されているのでしょうか?。取り締まりをしているのを見たことが無いし、自転車が右側を走ったり、傘を差していたりスマホ見ていたり、あちこちで見かけますけど。時には、警察官が近くにいても無反応で。

    Reply
  • daiyonwakusei says:

    コメントありがとうございます。

    確かに、私も取り締まりをしている所、見たことがありません。相変わらず信号無視や逆走、傘をさして走ったりする姿が目立ちます。

     思うに、この制度は積極的に取り締まるためではなく、悪質な運転者が出た時とか、何か事故が起きた時などに適用するのが目的なんじゃないでしょうか?。少なくとも今の所は。

    Reply
    • なるほど、あまり神経質になる必要はないようですね。実際警察も自転車にまでは手が回らないでしょうね、普通に考えて。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA