火山噴火による被害、災害の色々

 日本は世界的にも有名な火山国なので、火山の噴火時に起きる災害について知っておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

噴石

 噴火で怖いのは、まず”噴石”です。噴火によって飛んでくる岩石片は、そのサイズによって

・直径2mm以下は火山灰
・直径2~64mmは火山れき
・直径64mm以上を火山岩塊

 と区分しますが、気象庁は全て噴石で統一しています。大きさは噴火の規模や火口からの距離によっても違いますが、火口付近ではそれこそ自動車大の巨大なものも珍しくありません。

 通常は火口から数km程度まで到達する事が多いため、噴火が活発化すると火口から半径2~4kmの範囲で立ち入り規制が行われます。また、噴煙とともに上空まで運ばれた噴石は、風に流されて10km以上離れた地点に落下することもあるため、風向きを確認して注意して下さい。

火砕流

 次に、高温の溶岩片や火山灰、そして火山ガスなどが一体となって高速で斜面を駆け下る”火砕流”

 大きな噴火で噴き上がった噴煙が崩れ落ちる場合と、急な斜面の近くに出来た溶岩ドームが崩れ落ちて火砕流となる場合がありますが、そのいずれも高温かつ高速であるため大惨事となります。

 1991年6月3日に発生した雲仙普賢岳の火砕流では43名が犠牲となりました。下の動画はその雲仙普賢岳で、火砕流発生の瞬間から消滅するまでを克明に捉えた貴重な映像です。溶岩ドームが崩れて火砕流が発生する様子がはっきり映っています。

溶岩

 そして”溶岩”。火砕流などに比べて速度は遅いものの、温度は1000℃を超え、進路上の建造物を破壊して火災を発生。流れが停止しても、完全に冷え固まるには数年以上かかるので、その間建物を作ることは出来ず復興を妨げます。

火山ガス

 更に、二酸化硫黄、炭酸ガス、硫化水素などの有毒な”火山ガス”

 これらは空気よりも重く、斜面に沿って低地にたまって被害をもたらします。2000年に噴火した三宅島では、大量のガス(二酸化硫黄)が発生。その後4年間ガスの噴出が続き、島民は全島避難を余儀なくされた上、帰島するまでに4年半を待つことになりました。

 

土石流

 細粒の火山灰が降り積もった所に雨が降ると、浸透できない雨水が急流となって土石流を発生させる事があります。
 

融雪泥流

 雪が積もっている時期に火砕流が発生すると、熱による雪溶け水と火山灰、岩石片等が一体となって斜面を駆け下る”融雪泥流”と呼ばれる現象もあります。

 ここまでに挙げた現象が全て同時に発生するわけではありませんが、複数が同時に起こる場合や、連続して起きることは珍しくありません。

 とにかく、噴火によって発声する災害は速度が速く広範囲に広がりますので、防災情報を確認しながら、可能な限り速やかに火口から距離を取りましょう。特に風下は要注意です。最新の情報は内閣府防災のツイッターでも入手出来ます。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります