2014年の皆既月食

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 10月8日は皆既月食です。月食(月蝕)は地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象で、一部が隠れる部分月食と、全てが隠れる皆既月食とがあります。

 

月食のスケジュール

 月食が始まるのは8日18時14.5分で、今回の月食では、石垣島以西の地域では月がわずかに欠けた状態で昇ってくる以外、3年ぶりに全国で部分食を始めから見ることができます。東京での月食の開始と終了の時刻は以下の通り

スポンサードリンク

 部分食の始め 8日18時14.5分
 皆既食の始め 8日19時24.6分
 食の最大 8日19時54.6分
 皆既食の終わり 8日20時24.5分
 部分食の終わり 8日21時34.7分

 東京以外の各地の月の出や月食中の月の位置は、暦計算室の月食各地予報で調べる事が出来ます。

 

赤い理由

 皆既月食でも、月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見えます。これは、地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて影の中に入るため、皆既月食でも通常月は真っ暗にはならず暗い赤色(赤銅色)に見えますので、当日は赤い満月を楽しむ事が来ます。

 

観測の仕方

 ・折角ですから開始時間を事前に確認し、部分食の初めから観測しましょう。場合によっては、大きく欠けてからだと月の位置を確認するのが難しい場合もあるのです。

スポンサードリンク

 ・月食は、肉眼でも十分観察できる天文現象です。しかし、双眼鏡や望遠鏡があれば、地球の影が月面を横切って移動していく様子や、皆既食中の月面の色や明るさの変化などがより鮮明に観察できるので、一層月食を楽しむ事が出来るでしょう。

 

天王星を見つけるチャンス

 国立天文台のサイトによると、

今回の月食は、天王星を見つける絶好のチャンスです。

 天王星は太陽系の惑星の一つですが、約6等級と暗いためなかなか見る機会がありません。しかしこの日は、たまたま月と天王星が近くにあるため、皆既食中の月の位置を目安に天王星を見つけることができます。

 天王星を肉眼で見つけるのはたいへん難しいため、双眼鏡を使って天王星を探しましょう。皆既食になり月が明るい輝きを失うと、月の近くにも星が見え始めます。月の右側に、月の直径の1~2倍ほど離れた位置に見える暗い星が天王星です。

 と言う事です。また国立天文台では、「皆既月食を観察しよう 2014」キャンペーンをおこなうそうです。詳しくはキャンペーンサイトで確認してください。

 

次回の皆既月食

 今回の皆既月食を見逃しても、次の皆既月食は2015年4月4日にあります。その次は2018年1月31日と、少し間が空いてしまいますので、今回と次回の月食をお見逃しなく。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA