七五三、女の子はいつ?、男の子はいつ?、着物は?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 七五三と言うのは日本独特の風習です。11月に3歳~7歳の子どもを連れて神社や寺を詣でるのですが、実は七五三と言うのはそれぞれの年齢で行う同じ行事ではなく、本来別々の異なった行事なのです。

 そして、それぞれの意味によって着物にも決まりがあります。

スポンサードリンク

七五三の由来

 七五三は、3歳、5歳、7歳の子供の成長を祝って神社や寺などに詣でる年中行事です。
今でこそ全国的に行われていますが、元は関東圏における地方風俗でした。諸説ありますが、江戸時代に5代将軍徳川綱吉の長男・徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力とされます。

 収穫の実りを神に感謝する旧暦の11月、その満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝をかねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになったと言われ、明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになりました。ただ、北海道等の寒冷地では、1ヶ月早い10月15日に行われる所もあります。

女の子はいつ?

 地方によっても年齢や、その内容が違いますが、発祥とされる関東地方では、

数え年3歳(満年齢2歳になる年)で男女とも髪を伸ばし始める「髪置きの儀」として行われます。江戸時代は3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀式です。
数え年7歳(満年齢6歳になる年)は女子だけが行う「帯解きの儀」。女子が、幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀式です。
 となっており、女の子は3歳と7歳で行います。5歳では行いません。

男の子はいつ?

女の子と同じく、数え年3歳(満年齢2歳になる年)髪を伸ばし始める「髪置きの儀」として行われます。
数え年5歳(満年齢4歳になる年)は、男子だけが行う「袴儀」。男子が袴を着用し始める儀式です。
 と言う事で、男の子は3歳と5歳で行います。7歳では行いません。


女の子の着物

 七五三で子どもが着るものは、本来の目的に合わせた決まりのようなものがります。
 

3歳

 3歳では着物に被布です。帯締めの着物は着ません。
 

7歳

 女の子が、「帯解きの儀」で初めて幅の広い大人と同じ帯を結びます。

男の子の着物

 

3歳

 着物に被布、男の子はスーツでも良いでしょう。3歳では袴は着ません。被布は女の子のイメージがあるかも知れませんが、本来男性が身につけるものでした。
 

5歳

 男の子がはじめて袴を着る「袴儀」が5歳なので、袴を着ます。

 これらが本来のしきたりですが、今はそこまで厳密ではありません。そもそも、現在では髪を剃る風習事態がありません。

 ただ、「3歳で袴を着せたら着崩れをして大変だった」と言う声が多いです。私も母親から「袴を着せたら嫌がって泣いて大変だった」と言われたことがあります。袴は5歳からにした方が良さそうです。

七五三関連記事
七五三、母親と父親の着物はどうすべき?。洋装?、和装?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA