最近増えている秋バテ、その症状と原因、予防と対策

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 秋バテ、と言うのをご存じでしょうか?。夏バテは聞いたことがあると思いますが、秋に体調を崩す”秋バテ”もあるのです。しかも、最近その秋バテが増えていると言われます。

 そこで、秋バテの症状と原因、予防と対策についてまとめてみました。

スポンサードリンク

秋バテの症状

 秋バテの主な症状は、

 ・全身の倦怠感
 ・思考力や集中力の低下
 ・食欲不振
 ・立ちくらみや目眩
 ・自律神経の乱れ
 ・血行不良

 等です。

秋バテの原因

 

季節の変わり目

 大きな原因は、季節の変わり目の気温の変化に体が対応しきれず、自律神経のバランスが崩れることです。
 

気圧

 もう一つが気圧の変化。夏場の高気圧から、秋になると低気圧が通るようになり、結果酸素濃度が低下します。気圧や酸素濃度の低下を自覚する人は殆どいないでしょうが、自律神経は不安定となるのです。
 

夏バテ

 さらに、夏バテが長期化し、そのまま秋バテに繋がるというパターンもあります。

 また、夏バテまで行かなくても、夏の間に冷房や冷たいものの取り過ぎで自律神経や内臓に負担がかかり、秋に体調を崩しやすくなる事もあります。
 

ストレス

 最後がストレスです。特に女性に多いパターンと言われ、夏の疲れや秋の気候変化に普段のストレスが加わり、自律神経のバランスを崩すのです。

スポンサードリンク

秋バテの予防

 まず、夏の過ごし方がポイントになります。夏の間に体調を崩さないようにし、秋の温度変化や気圧変化に負けない体を作りましょう。

  一番注意すべきは冷房と、冷たいものの取り過ぎです。 

 冷房の効きすぎた室内から外へ出た時の温度差が5℃以上になると、体の体温調節機能が追いつかなくなり、これが繰り返されることで自律神経のバランスが狂います。
 また、冷たい物取り過ぎは内臓を冷やし、全身を冷やし、血行が悪くなります。

 そして冷たくてあっさりした食事は、どうしても栄養が偏り、ミネラルやビタミン、たんぱく質が不足します。そうなると体力が低下、夏バテなどを引き起こします。

 具体的な予防策としては

 ・冷房の温度は外の気温の5℃以内、28℃以上が推奨。
 ・冷たい物を取り過ぎない。
 ・3食しっかり、栄養バランスを考えた食事。

 が、挙げられます。冷房病の症状と原因、対策も参考にして下さい。

秋バテになったら、その対策

 秋バテになった時の対策は、実は予防策と殆ど同じです。
 

温めのお風呂

 38~40℃くらいの温めのお風呂にゆっくりつかり、体を温めましょう。

 半身浴もお勧め。体を芯から温め、血行が良くなれば新陳代謝もアップ、疲労回復や睡眠の質改善の効果も。

 入浴剤を使えば効果もアップ。
 

軽い運動

 血行不良の改善のために、ストレッチやウォーキング等軽い運動を毎日続けましょう。特に朝(就寝15時間前)、20分程度太陽の光を浴びながらの散歩は、睡眠の質の向上にも繋がります。
 

食事

 体調が良くない時、ビタミンB群が不足していることが多いと言われます。特に糖分を利用するのに必要で、疲労回復ビタミンと言われるビタミンB1。そしてミネラル類とたんぱく質。これらの栄養をバランス良く、1日3回しっかり食べましょう。
 

睡眠

 睡眠は食事と共に健康の最も基本となる行為、夜更かしは禁物です。睡眠不足もそうですが、実は寝過ぎもよくありません。7~8時間睡眠を心がけましょう。

 最後に
 秋バテは、その原因が生活習慣であり、予防や対策も生活習慣の改善にかかっていると言えます。特に夏の暑い時期の生活習慣が、その後の体調を左右しますので、普段からしっかり対策を取りましょう。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA