夏に咳が止まらない、長引く、息切れがしたらカビのせいかも?

 夏場に特定の場所に行ったり、加湿器や空気清浄機、エアコンを使い始めると

・発熱
・乾いた咳
・息切れ
・だるさ

 等の症状がでる。そして、その場を離れる(または加湿器や空気清浄機、エアコンを停止する)ことで症状が改善したら、それは夏風邪や喘息ではなく、夏型過敏性肺炎かも知れません。

スポンサードリンク

夏型過敏性肺炎

 過敏性肺炎は、埃やチリ、カビ等を原因物質として発症するアレルギー性の肺炎です。

 中でも、酵母カビの1種であるトリコスポロン・アサヒやトリコスポロン・ムコイデスをアレルゲンとして、6月頃から10月頃までの夏期をピークに発症するものを夏型過敏性肺炎と呼び、日本では過敏性肺炎の中で最も多いと言われています。

 症状が風邪に似ているため、あまり深刻に捉えず、市販薬などを飲んで医療機関を受診しない人も多いと言いますが、放置していると重篤化する事があります。

夏型過敏性肺炎の症状

 夏型過敏性肺炎の3大症状と言われるのが、「空咳、発熱、息切れ」です。喉のイガイガ感から咳が続き、階段を上る程度の運動で息切れがし、発熱が続きます。

 毎年同じ時期にこれらの症状が出る、と言う人は、夏型過敏性肺炎の可能性があります。

 長期間症状が続くと、肺が線維化と呼ばれる状態になります。線維化すると、抗原に晒されなくても、常に咳や呼吸困難感等の症状が出るうえ、一度線維化したら二度と元に戻りません

 もし6月~10月の間に風邪でもないのに咳き込む、息切れが2週間以上続いたり、エアコンや空気清浄機、加湿器を使うと同様の症状が出る場合は、速やかに呼吸器を専門とする内科を受診して下さい。

夏型過敏性肺炎の原因

 原因は既に書いたようにアレルギーであり、原因物質は酵母カビの1種です。
 

水回り

 では、これらのカビが増える原因はと言うと、高温多湿な環境です。日当たりと風通しが悪く、湿度の高い場所が大好きで、主に台所や洗面所、風呂場等の水回りで繁殖します。また、畳も要注意。
 

エアコン、空気清浄機

 最近ではエアコンや空気清浄機、加湿器の内部がカビの住処になっていることもあります。

 空気清浄機でカビとは意外かも知れませんが、長期間手入れをしていないと内部でカビが繁殖するのです。もし、これらの機器を動かしてカビ臭くなったり、咳や息切れを感じたら内部でカビが繁殖している可能性が高いと考えられます。

スポンサードリンク

 

主婦

 このような、カビが繁殖している環境に長時間いると発症しやすいため、長時間室内で働く専業主婦に発症するケースが多いようです。そして、自宅を離れたり、エアコンや加湿器を止めると症状が軽くなったりします。

 また、東日本に比べて西日本で発症例が多くなっています。

夏型過敏性肺炎はうつる?

 過敏性肺炎は感染症ではなく、アレルギーですのでうつることはありません。

夏型過敏性肺炎の治療

 夏型過敏性肺炎になったら、まず呼吸器を専門とする内科を受診して下さい。確定診断には、血液検査と胸部CTが必要です。

 夏型も含めて過敏性肺炎はアレルギー症状であり、特効薬はありません。原因となっているトリコスポロンを吸入する環境から離れることが基本です。これだけでかなり改善しますが、症状が重い場合はステロイド薬の経口・点滴投与を行うこともあります。

夏型過敏性肺炎の予防

 予防のために最も重要なのは、環境改善によって原因物質を取り除くことです。

 家や職場などの環境が原因の場合は、掃除や消毒、風通しを良くするなどの対策を取ります。空気清浄機や加湿器のお手入れは、取扱説明書かメーカーのサイトを参考にして下さい。

 しかし、エアコンの内部などは自分では中々掃除が出来ません。そう言う場合は専門家に任せましょう。

 カビ関連の記事も参考にして下さい。
梅雨だけじゃない、押し入れ、布団、フローリングのカビ対策
梅雨の時期だけじゃない、畳のカビ対策、除去と予防
洗濯機のカビの原因、掃除方法と予防方法
参考:中田クリニック-健康講座

まとめ

・夏に長引く咳は夏型過敏性肺炎の可能性
・夏型過敏性肺炎の原因はカビ
・3大症状は「空咳、発熱、息切れ」
・特効薬は無い
・対策は、カビを除去して発生を予防する

カビが繁殖しやすいのは
・台所や洗面などの水回り、畳の下
・エアコン、空気清浄機、加湿器も

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります