カレーを冷凍保存した方がいい理由と、美味しい解凍方法

カレー


 カレーは一度に沢山作って、保存して翌日食べたりしますね。カレーは沢山作った方が美味しいですし、食費の節約にもなります。しかし、問題は保存方法です。

 カレーはじっくり火を通しているし、冷蔵庫に入れているので大丈夫と思ったら、実は大間違いです。

スポンサードリンク

カレーで食中毒が起きる原因

 カレーで食中毒を起こすのはウェルシュ菌という細菌です。このウェルシュ菌、厄介なことに、アルコール消毒しても加熱殺菌しても死滅しません。

 ウェルシュ菌と言う菌は、それこそあらゆる所に存在する菌です。カレーに素材として入れる肉や野菜にも、最初から付着しています。そして、加熱調理される過程で他の菌が死滅する中、ウェルシュ菌は自身を強固な殻で覆った「芽胞」と呼ばれる状態で耐えるのです。この芽胞の状態だと、沸騰させても菌が死ぬことはありません。

 ただし、この時点ではウェルシュ菌の数が少ないために、食べても食中毒は起こしません。ところが、加熱の課程で他の菌は死ぬため、温度が下がったときにウェルシュ菌が増殖する条件が出来てしまいます。そのため、残ったカレーをそのまま放置して、ウェルシュ菌が最も増殖する43℃~47℃になった時、一気に増殖を始めるのです。

参考:食中毒を起こす微生物 ウェルシュ菌|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

スポンサードリンク

カレーを冷凍保存する方法

 ウェルシュ菌を完全に除去することは出来ません、その数を増やさないことが肝心です。

 カレーの量が多い場合、そのまま冷蔵庫に入れると温度が下がるまでに時間がかかり、その間に菌が増殖してしまいます。とにかく素早く温度を下げ、ウェルシュ菌に増殖する時間を与えないようにしなければなりません。

 そこで、お勧めするのが小分けにして冷凍保存する方法。素早く冷凍できることと、解凍する時のことも考慮するとジップロックがいいでしょう。ジップロックに1食分ずつ分けて、冷凍室へ入れて下さい。

冷凍したカレーの美味しい解凍方法

 電子レンジで解凍しようとすると、ルウが分離したりして美味しくありません。と言って、直接鍋に入れて温めると焦げ付く恐れがあります。

 一番良いのは湯煎にかける方法です。ジップロックに入れたまま、湯煎にかけると焦げ付かず、ルウも分離しません。一度冷蔵室に移して自然解凍した後、湯煎にかけると完璧です。


関連記事
ご飯の美味しい保存方法は?、冷蔵?、冷凍?。解凍は?
ご飯が黄色く変色するのは何故?、変色しても食べられる?

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります