二日酔いの予防と解消に役立つ飲み物や食べ物

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

hutukayoi
 自身の代謝能力以上にアルコールを摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態を二日酔いと言います。

 急性アルコール中毒とは違って、生命に直接の危険はありません。しかし、私も経験がありますが、吐き気や頭痛など、その不快感非常に強いものがあります。

 二日酔いに特効薬はありませんが、ある程度予防する事、症状を軽減する事は可能です。事前に摂取する事で、二日酔いを予防出来る。二日酔いになった時に症状を改善してくれる食べ物や飲み物があるのです。

スポンサードリンク

二日酔いの解消

 二日酔いの解消のためには、アルコールの分解を早め、そして体外へ排出を促すことが必要です。

 アルコールの分解を早める成分は、クルクミンやオルニチンが有名ですが、それだけではありません。

 ただし、二日酔いになっている状態では食欲も出ないと思いますので、サプリメントでの摂取がいいでしょう。
 

水分

 二日酔いの状態では、恐らく体が脱水状態になって頭痛など不快症状を起こしているでしょうから、ますは水分補給です。吸収性の高さや、アルコールの分解に必要な糖分を含んでいる点も考えて、スポーツドリンクがおすすめです。
 

クルクミン

 クルクミンはウコンに含まれるポリフェノールの一種です。アルコールの分解能力に優れ、肝臓の様々な機能を強化する働きがあります。

 クルクミンはウコンにしか含まれませんし、その量も少ないのでサプリメントで。


 

アラニン

 アラニンは貝類に多く含まれる非必須アミノ酸で、アルコール分解物であるアセトアルデヒドの分解を早め、アルコールの排出を早める効果があります。

 アラニンはアサリ、シジミ、ハマグリに多く含まれていますので、酒の肴にもお勧めです。最近はアラニンを主成分としたサプリメントも発売されています。ノ・ミカタは特にアラニンの含有量が多い製品です。

 

Lシステイン

 Lシステインはアルコールやアセトアルデヒドの分解を促進します。Lシステインは食品にはほとんど含まれませんが、必須アミノ酸であるメチオニンを摂取することで体内で合成されます。

 メチオニンを多く含む食品は、豚肉、鮭、卵、ひまわりの種。Lシステインも、いくつかサプリメントが発売されていますので、手軽に摂取したい方はサプリメントを使うと良いでしょう。

 

タウリン

 タウリンはアルコールの分解速度を早め、弱った肝臓を再生し、その解毒作用を高める働きがあります。

 タウリンを多く含む食品は、イカ、タコ、ホタテ、アサリ、カキ、カニ。そして鯖や鰯の血合いに多く含まれます。

 

オルニチン

 オルニチンは肝機能の働きをサポート、アルコールの分解に寄与、二日酔いの改善に効果があります。

 アルギニンが体内で分解される事でオルニチンになります。アルギニンが多く含まれる食品は、肉類、カシューナッツ、ゴマ、ハマチ、ブリ等です。



 

スルフォラファン

 スルフォラファンの効果は肝臓機能の強化です。年と共に弱った肝臓を強化したり、前日に飲み過ぎて弱った肝臓を正常にしてくれるので、二日酔いの解消は勿論、普段から摂取する事で二日酔いの予防にもなります。

 スルフォラファンを多く含む食品は、ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、カリフラワー、芽キャベツ、ケール、キャベツ等です。

カゴメ スルフォラファン 90粒 02P20Nov15

カゴメ スルフォラファン 90粒 02P20Nov15
価格:5,378円(税込、送料別)

 

緑茶

 緑茶は利尿作用が高いので、アルコールの排出に効果的です。飲んだ翌日、二日酔いだったり、お酒が残っていたりしたら、お茶を飲んでどんどん出してしまいましょう。

予防

 二日酔いはある程度予防もできます。上述した成分を普段から摂取しておくことで肝臓の機能を強化し、二日酔いになりにくい体を作ることもその一つ。

 その他、飲酒前や後に摂取することで、二日酔いの予防になる食べ物や飲み物があります。
 

水分

 アルコールには利尿作用があり、飲酒により飲んだ水分以上の水分が排泄されます。その結果脱水状態となり、頭痛や倦怠感等の二日酔いの症状を引き起こすのです。酒席では意識的に水分を取るようにし、お酒を飲み終わった後や就寝前にも水分を摂るようにしましょう。

 アルコールの分解には糖分が必要なので、飲酒後には水分と糖分を同時に摂れるスポーツドリンクがお勧めです。
 

脂肪分

 脂肪分は胃では消化吸収されず、十二指腸で消化されます。また、消化自体に時間がかかるため、予め摂取する事でアルコールの吸収を遅らせる事が出来ます。そのため、体内のアルコール濃度が急激に上昇するのを防ぎ、二日酔いになりにくくなるのです。

 地中海に面した国々では、お酒を飲む前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲む二日酔い防止法があります。ロシアではバターやサワークリームだそうです。
 

カテキン

 カテキンも脂肪分と同じくアルコールの吸収を阻害するので、高濃度茶カテキン飲料を事前に飲んでおくと効果的です。

 そして、酒の席ではクルクミンやLシステイン、アラニン、オルニチン、スルフォラファンのサプリメントを予め飲んでおくか、つまみにこれらの成分を含む食材、アサリやシジミ、ハマチ、ホタテ、カキ、肉類、ブロッコリーやカリフラワーを選んで下さい。

 まとめ
 二日酔い予防のためには、お酒を飲む前に油分と高濃度茶カテキン飲料を摂り、酒の肴にクルクミンやLシステイン、アラニン、オルニチン、スルフォラファンを含む食材のアサリやシジミ、ハマチ、ホタテ、カキの魚介類。そして、肉類、ブロッコリーやカリフラワーを選び、飲酒後にスポーツドリンクで水分と糖分を補給しましょう。

 二日酔いになったら、クルクミンやLシステイン、アラニン、オルニチン、スルフォラファンをサプリメントで摂取してアルコールの分解を促しつつ、緑茶を飲んでどんどん排出させましょう。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>