東京五社とは

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

meijijinguu
 最近は若い人の間でも神社巡りが人気だそうです。人気のある、歴史ある格式の高い神社と言うと地方に多いようなイメージもありますが、東京にも格式の高い神社があります。

スポンサードリンク

東京五社

 東京五社とは、東京にある1800以上の神社の中でも格式が高いとされる5つの神社のことで、日枝神社、明治神宮、靖國神社、大國魂神社、東京大神宮の5社です。
 

日枝神社

 東京都千代田区永田町二丁目にあり、江戸三大祭の一つである山王祭が行われ、皇居(江戸城)の裏鬼門を守る神社としても知られます。

 大山咋神(おほやまくひのかみ)を主祭神とし、相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祀り、厄よけ・安産・縁結び・商売繁盛・社運隆昌のご利益があるとされます。創建の年代は不詳ですが、文明10年(1478年)と言われ、江戸第一の大社として崇められてきました。

 元々江戸城内の紅葉山にあり、江戸城の鎮守でしたが、慶長9年(1604年)から始まった徳川秀忠による江戸城改築の際、社地を江戸城外の麹町隼町に遷座し、庶民が参拝できるようになりました。しかし、明暦3年(1657年)に発生した明暦の大火により社殿を焼失したため、万治2年(1659年)、将軍家綱が赤坂にある松平忠房の邸地を社地にあて、現在地に遷座しました。

 現在の社殿は昭和20年(1945年)の東京大空襲で焼失、昭和33年(1958年)に再建されたものです。

創建: 不詳
主祭神: 大山咋神
所在地: 東京都千代田区永田町2丁目10番5号
公式サイト: http://www.hiejinja.net/

 

明治神宮

 明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする神社で、初詣では例年日本一の参拝者数を集めます。

 明治天皇は崩御後、京都の伏見桃山陵に葬られましたが、天皇を崇敬する東京市民(当時)から「東京に神宮を建設したい」との運動が起こり、1914年(大正3年)に天皇に縁の深かったこの地への神宮建設が決定。造営は翌1915年(大正4年)から開始され、鎮座祭は、1920年(大正9年)11月1日に行われました。

 例年大相撲1月場所前の1月5日から7日頃大相撲横綱奉納土俵入りが行われます。また大相撲横綱推挙式や、横綱昇進時に横綱奉納土俵入りが行われます。

 明治神宮の特徴として、”おみくじがない”というのがあります。代わりに、くじを引き御製や御歌(明治天皇・昭憲皇太后が詠んだ和歌)を「大御心」として授かります。

創建: 大正9年(1920年)
主祭神: 明治天皇、昭憲皇太后
所在地: 東京都渋谷区代々木神園町1番1号
公式サイト: http://www.meijijingu.or.jp/
スポンサードリンク

 

靖國神社

 靖國神社は、1853年(嘉永6年)のペリー来航以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀る神社です。

 境内にはソメイヨシノやヤマザクラなど約400本の桜があり、桜の名所としても知られます。また、靖国神社境内にあるソメイヨシノは、気象庁が東京の桜の開花宣言をする際の基準木となっています。

創建: 1869年(明治2年)
主祭神: 護国の英霊246万6千余柱
所在地: 東京都千代田区九段北3丁目1番1号
公式サイト: http://www.yasukuni.or.jp/

 

大國魂神社

 大國魂神社は、武蔵国の総社で、主祭神である大國魂大神の他、一之宮(一宮)から六之宮までを祀るため「六所宮」とも呼ばれ、縁結び・厄よけ・厄払いのご利益があるとされています。

 社伝『府中六所社伝』などに記された伝承によれば、景行天皇41年5月5日に大國魂大神がこの地に降臨し、それを郷民が祀った社が起源とされ、源頼朝が妻の安産祈願をし、また源頼義と義家が奥州戦に向かう際に戦勝祈願をするなどの伝承があります。

 例大祭は「くらやみ祭」として有名で、関東三大奇祭の一つに数えられています。

創建: 第12代景行天皇41年
主祭神: 大國魂大神
所在地: 東京都府中市宮町3-1
公式サイト: https://www.ookunitamajinja.or.jp/

 

東京大神宮

 東京大神宮は明治13年(1880年)4月17日、東京における伊勢神宮の遥拝殿として創建されました。

 当初日比谷の地に鎮座していたことから、「日比谷大神宮」と称されていましたが、関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改めています。

 天照皇大神と豊受大神を主祭神とし、天之御中主神・高御産巣日神・神御産巣日神・倭比売命を相殿に祀ります。

 神前家婚式創始の神社として知られ、明治33年(1900年)5月10日には、明治天皇第三皇子の明宮嘉仁親王(後の大正天皇)と九條公爵家令嬢の九條節子(後の貞明皇后)との御結婚の儀が、宮中三殿に於いて執り行われました。そのため、縁結びの御利益があると言われています。

創建: 明治13年(1880年)
主祭神: 天照皇大神、豊受大神
所在地: 東京都千代田区富士見二丁目4番1号
公式サイト: http://www.tokyodaijingu.or.jp/
 東京五社は交通の便もいいので、1日で回ることも可能です。正月には、五社すべての御朱印を集めると記念品が貰える企画もありますので、1度東京五社めぐりをしてみてはいかがでしょうか。
神社関連記事
意外と知らない神社の参拝作法
神宮、大社、神社の違いと意味とは?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA