日焼け止めのSPFとPA、違いと意味、使い分けについて

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 梅雨が明けて夏が本格化すると、特に女性は紫外線対策として日焼け止めを使う方も多いと思います。

 その日焼け止め、「SPF」、または「PA」という表示を購入の参考しているのではないでしょうか?。しかし、その意味を正しく理解していますか?。ただ、数値の高い物を選んでいるのではないでしょうか?。

スポンサードリンク

SPF値とPA値の違い

 そもそも、なぜSPFとPAの2種類が存在するのか?。両者の違いはなんのか?。
まず、地表に届く紫外線には2種類あります。
 

UV-A

 紫外線の内、95%を占めるのがUV-A。それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、浸透力が高いのが特徴。20~30%が肌の奥の真皮層にまで達すると考えられ、シミやたるみと言った肌の老化現象を引き起こします。また、徐々に症状があらわれ、色素沈着を起こして肌が黒くなります。

 UV-Aに対する効果の指標がPAです。
 

UV-B

 残りの5%がUV-Bで、日焼けの主な原因はこちらです。おもに肌の表面で吸収されるため、真皮層まで達する事は殆どありません。しかし、UVAより強いエネルギーを持ち、細胞を損傷して火傷のように赤くなるサンバーンや、メラニン色素が沈着して褐色になるサンタン、そしてシミやソバカスの原因にもなります。

 UV-Bに対する効果の指標がSPFです。

スポンサードリンク

SPF値の意味

 SPFとは、「Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)」の略で紫外線防御指数とも言います。0~50+までの数字で評価され、その意味は紫外線をカット出来るかではなく、日焼けするのをどの位遅らせることが出来るかを示した数値です。

 20~25分が1単位で、SPF1で日焼けを20~25分、SPF10なら200~250分遅らせることが出来ます。SPFの最大値は50で、時間に換算すると1250分(20時間50分)。これは1日の日照時間をはるかに超えますので、実質的には必要ないでしょう。

 また、この数値を計る試験は皮膚1平方センチメートルあたり2mg塗った場合で、余り薄く塗ると効果は低下してしまいます。

PA値の意味

 PAは「Protection Grade of UV-A」の略で、UV-A防御指数と呼ばれます。その効果は

効果 使い分け
PA + 「効果がある」  生活紫外線の対策
PA ++ 「効果がかなりある」  生活紫外線・屋外で活動する時の対策
PA +++ 「効果が非常にある」  屋外での活動が長い時の対策
PA ++++ 「効果が極めて高い」  海や山など、紫外線の強い場所での対策
の、4段階で現されます。

 注意
 ここで注意しなければいけないのが肌への影響です。SPF効果として日焼け止めに配合されている成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。
 紫外線吸収剤を使用した物は肌荒れの原因になり、紫外線散乱剤を使用した物は乾燥を招く恐れがあるのです。

 SPF、PA共に、数値の高い物ほど肌への負担も大きくなりますので、使い分ける必要があります。

 通常の家事や、近所へ買い物くらいならSPF15~20、PA+。長時間の外出、または海や山など紫外線を直接浴びる場所へ行く場合、SPF30以上、PA+++以上を使用するようにしましょう。

 また、汗をかく場所ではこまめに塗り直す必要があります。数値の高い物を1日塗りっぱなしにするより、数値の低い物を塗り直した方が効果が高く、肌への負担も減ります。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>