冷房病の症状と原因、対策

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

reibou
 夏になると、ついつい冷房の効いた室内に籠もってしまいがちです。家でも会社でも、外出先でも必ず冷房が効いていますが、そんな生活をしていると、いつの間にか体の冷え、むくみ、疲労感、食欲不振等が出始めます。これは冷房病、またはクーラー病と呼ばれる症状です。

 ただし、冷房病と言う病名は医学的には存在せず、冷房との関連もはっきりしないことが多いと言われます。そして、冷房病という考え方自体日本独自の物で、海外では通じません。

スポンサードリンク

冷房病の症状

 足腰の冷え、だるさ、疲労感、めまい、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠、むくみ等が代表的な症状で、女性は生理不順なども起こすようです。

 症状は冷え性と共通する物があります。

冷房病の原因

 1.冷房による冷やしすぎ。
 2.冷房の効いた室内と室外の温度差。

 この二つが長期間何度も繰り返されることで、体温調整を司る自律神経に狂いが生じて様々な症状が発生します。自律神経と言うのは、体温調整以外にも体の様々な調整を行っているので、影響は思った以上に大きいのです。

冷房病の対策

 ここで上げる対策は、冷房病の予防策であり、同時に冷房病になった時の対策でもあります。
 

冷房の温度

 室内と室外の温度差は5℃以下になるよう調整しましょう。この5℃と言うのが、人体が対応できる温度差の限界です。冷やしすぎにならないことも考えれば、室内温度は28℃かそれ以上が推奨です。

 しかし、商業施設やオフィスなどは25℃位に設定されていることが多いので、上着やレッグウォーマー、ひざ掛けなどを使って対策しましょう。

スポンサードリンク

 

入浴

 シャワーだけで済ませず、湯船につかって体を温めましょう。38℃~40℃のぬるま湯で、ゆっくり20~30分かけての半身浴が効果的です。

 温熱効果で血行も良くなり、新陳代謝もアップ。疲れもとれてぐっすり眠れます。
 

運動

 冷房で冷えた体は血行不良を起こしやすくなっています。これを解消するため、ストレッチや散歩等の軽い運動が有効です。10分程度でいいので、毎日体を動かしましょう。
 

食べ物

 暑い時期にはどうしても、アイスクリームや果物、素麺等の冷たくてあっさりした物を食べたくなりますが、こういった食べ物は体を中から冷やし、さらに栄養不足で体力を低下させ、冷房病を起こしやすくなります。

 ねぎ、しょうが、にんにく、根菜類等体を温める食材を。そして、ビタミンやミネラル、タンパク質をバランス良く摂るようにしましょう。逆に夏野菜や気温の高い場所で取れる野菜・果物は体を冷やしますので、お勧めしません。
 

睡眠

 しっかり睡眠を取りましょう。冷房の風が直接当たらないようにし、腹部や下半身を冷やさないよう腹巻を使い、冷房を使う場合は必ずタイマーをセット、朝までつけっぱなしにしないように。

 最後に
 冷房病は放置すると夏バテに繋がり、さらに秋バテ(詳しくは最近増えている秋バテ、その症状と原因、予防と対策をご覧下さい)の原因ともなります。そうなると夏から秋へと、体の不調が続く事となりますので、普段からしっかり対策しましょう。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA