夏バテの症状と原因、予防法

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 夏バテは、夏の暑さで体調を崩してしまうことです。「夏負け」「暑気あたり」などとも呼ばれ、この二つは夏の季語になる程昔から使われています。
スポンサードリンク

夏バテの症状

 夏バテの主な症状は、

 ・全身の倦怠
 ・感思考力低下
 ・食欲不振
 ・むくみ
 ・下痢
 ・便秘

 この他、無気力やイライラ。そして頭痛や発熱、めまいを伴うこともあります。

夏バテの原因

 夏バテの原因は昔なながらのものと、近代特有の物があります。
 

脱水

 人間は体温を下げるために汗をかきます。特に夏場は大量の汗をかき、水分補給が間に合わないと脱水状態となって、体調を崩し、頭痛やむくみ、嘔吐などの症状が出ます。
 

冷たいものの取り過ぎ

 暑くなると、ついつい冷たいものが欲しくなりますが、冷たいものばかり摂っていると胃腸の調子が低下してしまいます。結果食欲が低下、消化酵素の働きも悪くなって栄養を吸収できず、体力が減少します。
 

栄養不足

 暑くなると食欲が低下、食事をあっさりしたもので済ませがちです。果物や素麺、アイスなどでは十分な栄養を摂る事が出来ず、知らないうちに体力が低下してしまいます。
 

睡眠不足

 特に都市部ではヒートアイランド現象のために夜間でも気温が下がらず、熱帯夜となる日が多くなってきました。そのため寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりして睡眠不足に陥ります。これによって疲労が蓄積、夏バテを起こします。
 

自律神経の乱れ

 冷房の効いた室内と、屋外との気温差。これが頻繁に繰り返されることによって、体温の調節を司る自律神経が乱れ、体温調節が上手く出来なくなったり、全身の不調を引き起こします。これらは冷房病と呼ばれる症状で、詳しくは冷房病の症状と原因、対策をご覧下さい。

スポンサードリンク

夏バテの予防

 夏バテの予防に必要なのは、原因を絶つことです。
 

水分補給

 夏場は常に水分補給に気をつけましょう。一度に大量の水分を摂るのではなく、少しずつこまめに摂るのがポイントです。
 

冷たいものを控える

 暑くなるとどうしても冷たいものが欲しくなりますが、これが胃腸の調子を低下させてしまいます。出来るだけ控えましょう。水分補給の際にも、余り冷たくしないようにして下さい。
 

栄養補給

 あっさりしたものばかり食べていると、栄養分が不足してしまいます。冷房で冷えた体を温めるためにも、火を通した温かい物を、そして出来るだけ沢山の品数を食べましょう。暑い夏こそ、しっかり食べる必要があります。
 

睡眠

 冷房の使いすぎは良くありませんが、寝苦しい夜は使いましょう。ただし一晩中つけっぱなしは良くないので、タイマーをセットして。その他冷却グッズを使うなどして睡眠の質を向上させ、疲労を翌日にひきずら無いように。勿論夜更かしは禁物です。
 

冷房の対策

 冷房の温度は28℃以上が望ましいのですが、出来ない場合はひざ掛けを使ったり、上着を羽織るなどして体を冷やしすぎないように注意しましょう。
 

汗をかく

 普段から汗をかいていないと、汗をかく能力が低下します。そのため暑い場所に出た時上手く汗をかくことが出来ず、体温の調節が出来ずに熱中症などを起こすことがあります。
 

お風呂に入る

 シャワーだけで済ませず、湯船につかりましょう。デスクワークなどで日中に冷房の効いた場所にいる人は特に。ぬるめのお湯でいいので、じっくりつかって体を温めます。ほどよく汗をかけば一石二鳥。ただし、入浴後の水分補給を忘れずに。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA