土用の丑の日の意味と由来、うなぎを食べる理由

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

unagi
 土用の丑の日に鰻(うなぎ)を食べる習慣は、完全に日本の風物詩となっていますが、土用の丑の日って何月何日のことだが知っていますか?。そして、何故その日に鰻を食べるのか知っているでしょうか?。
スポンサードリンク

土用とは?

 土用とは、古代中国で生まれた五行思想(ごぎょうしそう)または五行説(ごぎょうせつ)と言われる自然哲学に由来し、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつを指します。一般に”土用の丑の日”と呼ばれ、うなぎを食べるのは夏の土用で、立秋直前の7月19日から8月7日の間です。

丑の日とは?

 ”丑の日”の丑は十二支が丑であり、土用の丑の日と言ったら、「土用の間のうち十二支が丑の日」と言うことになります。また、土用の丑の日は2回発生することがあり、その場合一の丑、二の丑と言う呼び方をします。

土用の丑の日のうなぎを食べるのは何故?

 夏の暑い時期にうなぎを食べる習慣は万葉集にも詠まれていますが、土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは江戸時代からと言われており、その由来については諸説あります。

スポンサードリンク

 

平賀源内説

 最も有名なのは、鰻屋が夏場に売れないうなぎを売るために平賀源内に相談。源内が「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた所、見事に繁盛し、以後他の店でも真似るようになって土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという説。

 ただ、張り紙だけでそれほど売り上げが変化したとは考えづらく、平賀源内のネームバリューによる物だとも言われます。また、元々「丑の日に”う”のつく物を食べると夏負けしない」という風習があったと言う説もあります。

 

春木屋善兵衛説

 土用に大量の蒲焼の注文を受けた鰻屋、春木屋善兵衛が、子の日、丑の日、寅の日の3日間で作って土甕に入れて保存しておいたところ、丑の日に作った物だけが悪くなっていなかったからという説。

 

蜀山人説

 鰻屋に相談をもちかけられた蜀山人こと大田南畝が、「丑の日に鰻を食べると薬になる」という内容の狂歌をキャッチコピーとして考え出したと言う説。

 平賀源内説が最も有力とされますが、いずれも決め手がありません。しかも、3つの有力な説の内2つが、今で言う販売促進イベント(販促イベント)とはロマンの無い話です。おまけに、うなぎの旬は身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期で、年間通じても夏のものは味が落ちると言われているのです。

 しかし、うなぎはタンパク質、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、そしてEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含んでいます。疲労回復や細胞の再生と成長、抗酸化作用、コレステロールの低下に血流促進等、様々な健康効果があり、夏場にうなぎを食べることに根拠が無いわけではありません。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>